「クリーニング屋さんで染み抜きをしてもらったけど取れなかったのでどうにかして欲しい」というご依頼です

インク等の染みはいつものクリーニング屋さんで取れなくても取り除ける技術のある染み抜きの出来るクリーニング屋さんならもっとシミを取り除く事が出来ます

はい、最近では非常に多く頂きますご依頼の一つにありますのが、

「クリーニング屋さんで染み抜きをしてもらったけど取れなかったのでどうにかして欲しい」

というご依頼です。

そのクリーニング屋さんと言うのは多店舗展開の受付だけのお店である事が多く、受付の方も実際にはお洋服を洗ったりシミ抜きしたりした事の経験がないスタッフの方も多くおられます。

今ここにはいない工場のスタッフの方々に伝わる様に、お店の受付スタッフがご依頼内容を工場側に説明をして染み抜きを行わないといけません。

そうなりますと、どうしても情報伝達がシッカリと出来ていない場合には伝わっていない等のトラブルになりやすいんですね。

その他にもしみ抜きの技術があるにも関わらず量と時間に追われてしまい、お客様に納得して頂けるお仕事が十分に出来ない環境である工場も多いです。

おはようございますオノウエです。

その様な出来る事をシッカリと出来ない環境でお受けしたお洋服の染み抜きは、当然の事ながら中途半端な仕上がりになってしまう事もあるかと思います。

ですのでその中途半端に終わってしまった染み抜きは、再び染み抜きの出来るクリーニング屋さんが染み抜きを行う事によって現状よりも取り除く事が可能なんですね♪

 

先ずは最初にお預かりする段階で実際に洗いや染み抜きの経験のあるスタッフがその場にいるのといないのとでは安心感も違いますよね

クリーニングや染み抜きのご依頼の内容は人それぞれに千差万別です。

お洋服も同じシミや同じお洋服でも温度や時間の影響もある保管環境の違いなどによって、お洋服の生地やシミの状態は全て異なり千差万別です。

ですので以前に落ちなかったシミは今回も落ちないとは限りません。

ですので、前に出したクリーニング屋さんで落ちなかった何時付いたのか分からない取れなかったインクの染みで、古い生地でも再びシミ抜きすれば取れる可能性があるんですね。

今回のご依頼は、完全に諦めていた何時付いたのかも覚えていないという薄っすら残ったインクを取り除くというご依頼でして綺麗に取り除く事が出来ました。

と言う訳で、今回の様な何時付いてしまったのかも覚えていない様な古いインクの染みでも対応する事は可能です。

クリーニングも染み抜きもお洋服のお医者さんとしてセカンドオピニオンを考えてみてはいかがでしょうか?

その時には諦めていたシミでも綺麗になる事もありますのでご相談下さいね♪

【遠方の場合の特殊染み抜きご相談はこちらまでご連絡くださいませ】

ではでは~。

クリーニングISEYAシミ抜き修復師オノウエノボル

尾上昇
尾上昇
大阪府吹田市五月ヶ丘北のクリーニングISEYA代表オノウエです。TeMA-クリーニングアドバイザーCA/京技術修染会認定修復師/京技術修染会特別認定講師/クリーニング師/と複数の専門資格を習得。

メディア:株式会社商業界発行・ファッション販売2016年12月号にて、衣類のお手入れガイドブックを掲載。

メディア:漫画家のふかさくえみさん作「鬼桐さんの洗濯」第2巻と第3巻の表表紙を開けた裏に参考資料として僕のブログである「onouenoboru.com」を掲載して頂きました。
ハッシュタグは「 #鬼桐さんの洗濯 」「 #ふかさくえみ 」 で検索。

メディア:吹田市男女共同参画センターデュオさんにて「プロ直伝 洗濯・アイロンのコツ~男性のための暮らしに役立つ簡単家事術~講座」開催いたしました。

”3度の飯よりシミ抜きが好き” ”休日はシミ抜き勉強会”こんなクリーニング師をはじめとする熟練スタッフが、お客様の”シミ”をお待ちしています。
お客様に喜んで頂く笑顔が一番のやり甲斐です。『うちのクリーニング屋さん』と呼んで下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。