お子様のお洋服を洗った後に茶色いシミが付いていて何をしても取れない時がありませんか?

お子様のお洋服に付いた茶色いシミは自転車のサビや公園の遊具やガードレールの鉄に付いたサビかも知れませんよ

はい、お子様のお洋服は基本的には中々綺麗な状態は保つ事が出来ませんよね~。
小さい頃は何にでも興味があり取り敢えず触ってみたり乗ってみたりぶら下がってみたりと興味は尽きません。

ですので当然の事の様にお洋服は外に出れば何かしら汚れたりシミが付いて帰ってきます。

それも元気な証拠ですがお母さんとしてはもうちょっと何とかならないかな〜という思いもあるでしょう。

おはようございますオノウエです。

もしもお気に入りの1着やこれは出来れば汚さないで欲しい等の、よそ行きのお洋服の場合には汚れやシミが付いてしまった時にはその対応に悩みますよね〜。

 

何時どこで何が付いたか分からない茶色のシミが洗った後のお品物に付いている時には鉄サビ(錆び)を疑いましょう

お家で何回洗っても取れない茶色いシミってありませんか?
実はその原因は錆(さび・サビ)だったと言う事が非常に多いんですね。

お子様は何でも興味津々でアチコチ触り倒します(笑)

お洋服に付いた茶色いシミの場合にはその殆どの場合が自転車のサビや公園の遊具やガードレールの鉄に付いたサビと言う事が非常に多いです。

それが実は洗うだけでは落とせない厄介なシミである錆(さび・サビ)なのです。

錆(さび・サビ)
錆(さび・サビ)とは、金属が空気中の酸素や、水分などによって、酸化(化学反応で変化した状態)して、腐食した時に出来るモノなんですね。
金属の種類によっては色が変わりますが、主に鉄の場合には赤い錆が付きます。

実は錆(サビ)は、通常の洗剤や漂白剤では完全には落とす事は出来ません。

ご家庭のお洗濯時に使える錆に対する薬品は市販ですと花王さんから出ておりますハイドロハイタ―がそうです。

ちなみにクリーニング屋さんでも錆び取の専用の処理をしないと普通に洗うだけではこのサビは落とせません。

でもその専用の薬品を使ったクリーニング屋さんの錆び取の特殊シミ抜きならシミ抜きで取る事が可能なのです。

お家のお洗濯でお困りの際にはご相談くださいね♪

ではでは~。

【遠方の場合の衣替えの染み抜きのご相談はこちらまでご連絡くださいませ】

クリーニングISEYAシミ抜き修復師オノウエノボル

尾上昇
尾上昇
大阪府吹田市五月ヶ丘北のクリーニングISEYA代表オノウエです。TeMA-クリーニングアドバイザーCA/京技術修染会認定修復師/クリーニング師/と複数の専門資格を習得。

メディア:株式会社商業界発行・ファッション販売2016年12月号にて、衣類のお手入れガイドブックを掲載。

メディア:漫画家のふかさくえみさん作「鬼桐さんの洗濯」第2巻の表表紙を開けた裏に参考資料として僕のブログである「onouenoboru.com」を掲載して頂きました。#鬼桐さんの洗濯 #ふかさくえみ 

メディア:吹田市男女共同参画センターデュオさんにて「プロ直伝 洗濯・アイロンのコツ~男性のための暮らしに役立つ簡単家事術~講座」開催いたしました。

”3度の飯よりシミ抜きが好き” ”休日はシミ抜き勉強会”こんなクリーニング師をはじめとする熟練スタッフが、お客様の”シミ”をお待ちしています。
お客様に喜んで頂く笑顔が一番のやり甲斐です。『うちのクリーニング屋さん』と呼んで下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。