お肌に直接触れる部分が多いシャツ系のお洋服の場合には着用後の色抜けにご注意下さいませ

お肌の直接触れる部分の多いお洋服の色は着用した後に洗わずそのままの状態が続きますと時間の経過と共に色が劣化してしまいますのでご注意を

はい、最近では派手目の原色のシャツ等を着用する方も年齢に問わず幅広くおられるのではないでしょうか?

よく持ち込んで頂くお洋服の中にはかなりの時間をお洗濯せずにおいてしまい色が変色してるお洋服の修正も頂きます。

ちなみにお肌に直接触れる部分が多い特にシャツやブラウス系のお洋服の場合には、着用後に少ししか着ていないのでまた着ると思い洗わずにそのままクローゼットに仕舞ってしまって時間が経ってしまったとのお声もお伺いいたしまます。

実はこの状態はお洋服にとっても非常に良くない状況なんですね。
時間が経つとともに汗や皮脂の成分で色が劣化してしまい変色や色抜けの原因になってしまいます。

おはようございますオノウエです。
最近では製造段階でのコストダウンによる製造工程現象等の影響か、基本的にほとんど色落ちがしないと思われているポリエステルで出来たお品物でもダメージを受けている状態ですと色が変化したり落ちる事がありますから要注意ですね。

 

お洗濯していた場合でも完全に取り切れなかった汚れが付いたままですと色に影響致しますのでその事から考えても汚れやシミはそのままにしておくとお洋服に良くありませんので気が付いた段階で直ぐに対応致しましょう

クローゼットに仕舞ってしまって時間が経ってしまった古いシミを取り除いた場合には、そのシミの下にある色が劣化してしまっており色も薄くなったりしている事が多々あります。

その場合にはもうシミとは言わずに色の変色や脱色といいます。

この状態は抜けてしまっている色を再び足してあげて元に近い状態に戻してあげなければならないという状態なんですね。

そんな事出来る訳がないと思ってはいませんか??

実は!
そんな特殊技術があるんですね。

その特殊技術の事をクリーニング業界の専門用語で「色修正(いろしゅうせい)」と言います。

ちなみに元々は色が変化してしまった着物を直す為のメンテナンスの技術でありまして、そちらの業界では「染色補正(せんしょくほせい)」とも言います。

平たく言いますと特殊技術を使い変化してしまう前の状態に戻すと言う事なんですね。

 

この様に抜けてしまった色は元の状態近くまで修正する事が出来ました。
と言う事でこの様な状態のお洋服がございましたら是非ともご相談下さいね♪

ではでは~。

【色の抜けてしまったお洋服のご相談はこちらまでご連絡くださいませ】

クリーニングISEYAシミ抜き修復師オノウエノボル

尾上昇
尾上昇
大阪府吹田市五月ヶ丘北のクリーニングISEYA代表オノウエです。TeMA-クリーニングアドバイザーCA/京技術修染会認定修復師/クリーニング師/と複数の専門資格を習得。

メディア:株式会社商業界発行・ファッション販売2016年12月号にて、衣類のお手入れガイドブックを掲載。

メディア:漫画家のふかさくえみさん作「鬼桐さんの洗濯」第2巻の表表紙を開けた裏に参考資料として僕のブログである「onouenoboru.com」を掲載して頂きました。#鬼桐さんの洗濯 #ふかさくえみ 

メディア:吹田市男女共同参画センターデュオさんにて「プロ直伝 洗濯・アイロンのコツ~男性のための暮らしに役立つ簡単家事術~講座」開催いたしました。

”3度の飯よりシミ抜きが好き” ”休日はシミ抜き勉強会”こんなクリーニング師をはじめとする熟練スタッフが、お客様の”シミ”をお待ちしています。
お客様に喜んで頂く笑顔が一番のやり甲斐です。『うちのクリーニング屋さん』と呼んで下さい。