ボールペンの先を出しっぱなしでポケットの入り口に付いてしまったボールペンのインク

お家で取ろうと洗剤での漬け込みを試みましたがボールペンのインクは滲んだぐらいで取れずに残ってしまった

 はい、ボールペンのインクの種類には油性、水性、ゲルインクと様々ですが、基本的にはボールペンのシミは洗剤や水では落ちません。

インクを取る為にはインクの色を緩ませて滲ませるエタノール等の成分が必要になります。

お家でなら粘度のある台所用の中性洗剤でしたら、付いて直ぐのボールペンの線に付けて馴染ませてから色々とすれば取り除く事はある程度は可能です。

その方法はこちら⇒お家で油性ボールペンが付いたら慌てず焦らず対処すれば付いて直ぐなら意外に取れます

お家での取れにくいボールペンのインク等のシミ抜き処理をされる場合のお洋服に関しては自己責任になりますので自身の無い方はご連絡下さいね♪

 

クリーニング屋さんではボールペンのインクの種類や状況に応じてのシミ抜き方法が沢山あり組み合わせると数百種類以上のしみ抜き方法があります。

ただし、クリーニング屋さんでしみ抜きを一度した状態で落ちなかった場合にはシミが定着して、薬品を使用している事と温度もシミにかなりの高温をかけてしまっている場合が多くシミを完全に落とす事は困難な状態になってしまっています。

それでもほとんどの場合は着用出来るレベルまではもっていけますのでご安心下さいませ。

「お家ではシミが落ちなかったお洋服のお問い合わせはコチラです」

ではでは~

クリーニングISEYAシミ抜き修復師オノウエノボル

尾上昇
尾上昇
大阪府吹田市五月ヶ丘北のクリーニングISEYA代表オノウエです。TeMA-クリーニングアドバイザーCA/京技術修染会認定修復師/クリーニング師/と複数の専門資格を習得。

メディア:株式会社商業界発行・ファッション販売2016年12月号にて、衣類のお手入れガイドブックを掲載。

メディア:漫画家のふかさくえみさん作「鬼桐さんの洗濯」第2巻の表表紙を開けた裏に参考資料として僕のブログである「onouenoboru.com」を掲載して頂きました。#鬼桐さんの洗濯 #ふかさくえみ 

メディア:吹田市男女共同参画センターデュオさんにて「プロ直伝 洗濯・アイロンのコツ~男性のための暮らしに役立つ簡単家事術~講座」開催いたしました。

”3度の飯よりシミ抜きが好き” ”休日はシミ抜き勉強会”こんなクリーニング師をはじめとする熟練スタッフが、お客様の”シミ”をお待ちしています。
お客様に喜んで頂く笑顔が一番のやり甲斐です。『うちのクリーニング屋さん』と呼んで下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。