ドライマークが×の場合のお洋服はクリーニング屋さんでドライクリーニングは出来ませんが部分的なシミ抜きは可能です

洗濯表示にドライクリーニングが✕と記載されている場合にはドライクリーニングを致しますと何らかの反応を起こして生地が硬くなったり剥がれたりする成分がお洋服のどこかに使用されている可能性があります

はい、お家でのお洗濯で取り切れない汚れの代表と言えば油汚れですね。
何も油は料理等の食べこぼしではなく皮脂汚れの様に体の内部からも発生致します。

それら皮脂汚れといわれる油は付いて直ぐに洗えばお家での水洗いでもかなり落とせるのですが、皮脂汚れが付いたままでお洗濯せずにまた着用して皮脂汚れを上から足していく事によって中々取れない油汚れに変化してしまいます。

「着たら洗う」
これがやはりお洋服を長持ちさせるコツですよね♪

今回のお預かりのお洋服は油汚れの付いてしまったスカートなのですがお洋服に使用されている素材はドライクリーニングが出来ません表示でした。

付いて直ぐの時間の経っていない酸化していない油汚れならドライクリーニングすれば簡単に落とす事は可能ですが、この様に生地によってはドライクリーニング出来ないお洋服もあるんですね。

おはようございますオノウエです。
このお洋服は油性の溶剤を使用して洗う事によって弊害の出る素材で出来ているお洋服ですので、部分的なしみ抜きを行いピンポイントで油シミを取る事が必要になってきます。

 

調理油などの高温で使用した油は酸化しておりお洋服に付いてしまいますとその変質した油は非常に取れにくい油汚れになります

お料理を作る時に高温で使用して変質した油は、もちろんお洋服に付いてしまうと非常に取れにくくなってしまいます。

それ以外にも、洗わずに何べんも着用したジャケットやコートの襟繰りや袖口の汚れも、高温でないとはいえ常時お肌の熱に長時間さらされておりますので高温の油と同じ様に取れにくくなります。

更には、お肌と生地が擦れる場所に皮脂汚れは付きますので生地の擦れなどによるダメージもありますから、余計に生地の弱っている部分の奥深くまで皮脂汚れが入り込んでしまい時間が経つとどんどん腐食して生地を傷めます。

突発的な油汚れや長時間着用によるジョジョに付いた皮脂汚れも早めの染み抜き対策で生地にダメージが発生する前に取り除きましょう

特にシルク等の光沢のある生地や起毛の生地ですと染み抜き時の生地へのダメージが顕著に表れてしまいます。

ですので、ドライクリーニングが出来ない表示の淡色系のお洋服に付いてしまった油シミの場合には、お家でのお洗濯で無理に取ろうとしてしまいますと色が剥げてしまったり生地が傷んでしまったり致しますので無理はしない方が無難です。

時間が経ってしまいますと油シミが酸素と反応して酸化して劣化を促進させますので早めの対応をお勧めいたします。

お家で何とも出来ない様なシミがありました場合には無理して出来れば自分で何とかしようとする前にご相談下さいませ~♪

ではでは~。

『お洋服の染み抜きご依頼お問い合わせフォームはこちら』

クリーニングISEYAシミ抜き修復師オノウエノボル

尾上昇
尾上昇
大阪府吹田市五月ヶ丘北のクリーニングISEYA代表オノウエです。TeMA-クリーニングアドバイザーCA/京技術修染会認定修復師/クリーニング師/と複数の専門資格を習得。

メディア:株式会社商業界発行・ファッション販売2016年12月号にて、衣類のお手入れガイドブックを掲載。

メディア:漫画家のふかさくえみさん作「鬼桐さんの洗濯」第2巻の表表紙を開けた裏に参考資料として僕のブログである「onouenoboru.com」を掲載して頂きました。#鬼桐さんの洗濯 #ふかさくえみ 

メディア:吹田市男女共同参画センターデュオさんにて「プロ直伝 洗濯・アイロンのコツ~男性のための暮らしに役立つ簡単家事術~講座」開催いたしました。

”3度の飯よりシミ抜きが好き” ”休日はシミ抜き勉強会”こんなクリーニング師をはじめとする熟練スタッフが、お客様の”シミ”をお待ちしています。
お客様に喜んで頂く笑顔が一番のやり甲斐です。『うちのクリーニング屋さん』と呼んで下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。