ボールペンのインクが薄いベージュのパンツに付いてしまった!色が抜けてしまいそうだしどうしましょう

お家でボールペンのインクを取る時には白の綿製品以外の淡色のお洋服やテカリのある素材や触りごこちが良い素材にはお勧めできません

はい、ボールペンのインクもそうなのですが、基本的には白の綿製品以外の場合には、特に淡色のお洋服やテカリのある素材や触りごこちが良い素材の場合の染み抜きの自己処理はお勧め出来ません。

やはり生地の色が変化してしまう可能性が高いからです。

特にボールペンのインクのシミは油性の性質をもつものが殆どですので、中性洗剤やアルコール等のインクを動かす力のある洗剤や薬品が必要です。

ですが、それらは同時にお洋服の生地や色に変化を与える可能性もあるという事です。

ボールペンのインクのシミ抜きはクリーニング屋さんに持ち込まれる中でも間違いなくトップクラスに多い染み抜きのご依頼なんですね。

おはようございますオノウエです。
と言う訳で!
ボールペンのインクのシミ抜きの経験も実績もありますので、お気に入りのお洋服なら出来ればプロにおまかせ致しましょう♪

毎週必ずある染み抜きと言ってよい程よくあるシミ抜きのご依頼がボールペンのインクのしみ抜きです

お洋服で色や柄が綺麗であったり手触りが良いという事は、繊細で糸が細く傷つきやすいデリケートな生地と言えます。

その様な生地は細い糸で生地目もシッカリと詰まっていて機密性もよく水も浸透しにくいものや、薄くて引っ掛かり易く傷も付き易い生地であったりも致します。

ですので自己流の染み抜きによりインクが生地にシッカリと染み込んでしまいますと取り除くのが非常に困難になるケースもあります。

と言う訳で、先ずは落ちそうになかったら触らない事が肝心です。

後はシミ抜きの薬品や特定のシミに特化したシミ抜き剤や、シミ抜き専用の機械等があるクリーニング屋さんに「有料シミ抜き」でお願い致しましょう。

プロのクリーニング屋さんでは、いろんな成分に対する専用の薬品がありますのでピンポイントにそのシミを取る事が出来ますから頼って下さいね♪

ではでは~。

【お家でのお洗濯や他店の染み抜きで取れなかったお洋服の染み抜きのご要望はこちら】

クリーニングISEYAシミ抜き修復師オノウエノボル

尾上昇
尾上昇
大阪府吹田市五月ヶ丘北のクリーニングISEYA代表オノウエです。TeMA-クリーニングアドバイザーCA/京技術修染会認定修復師/クリーニング師/と複数の専門資格を習得。

メディア:株式会社商業界発行・ファッション販売2016年12月号にて、衣類のお手入れガイドブックを掲載。

メディア:漫画家のふかさくえみさん作「鬼桐さんの洗濯」第2巻の表表紙を開けた裏に参考資料として僕のブログである「onouenoboru.com」を掲載して頂きました。#鬼桐さんの洗濯 #ふかさくえみ 

メディア:吹田市男女共同参画センターデュオさんにて「プロ直伝 洗濯・アイロンのコツ~男性のための暮らしに役立つ簡単家事術~講座」開催いたしました。

”3度の飯よりシミ抜きが好き” ”休日はシミ抜き勉強会”こんなクリーニング師をはじめとする熟練スタッフが、お客様の”シミ”をお待ちしています。
お客様に喜んで頂く笑顔が一番のやり甲斐です。『うちのクリーニング屋さん』と呼んで下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。