食事中にお洋服に付いてしまった料理のソースやスープは擦るのではなくて摘まんで拭き取って下さいね

 

汚れてもお洋服の生地を擦るのは厳禁です特にオシボリには消毒洗浄に使った塩素が残っているかも知れないので使わないで下さい

はい、お食事中にお洋服に料理のソースやスープが付いてしまう事はいくら自分では気を付けていても外部的な要因等で付いてしまう事もあります。

そんな時についつい慌ててやって仕舞いがちなのが擦ってしまう事です。
更にはその時に使ったのがオシボリでしたら大変です!

お食事処等で使用されております布おしぼりや紙おしぼり等には、消毒用に次亜塩素酸ナトリウムやアルコールが含まれた物もあります。

お洋服が濃色や色柄物であった場合には、強い漂白作用のある次亜塩素酸ナトリウムや色素を動かしてしまう作用のあるアルコールは付いてしまいますと色が薄くなったり抜けてしまったりと変化してしまう可能性があるんですね。

おはようございますオノウエです。
特に色に変化が出やすく色修正(染色補正)でお直しのご依頼が多い色がブラックやグレーです。
濃色の場合には擦ってすぐに白けてしいますので超危険なんですね~。

 

真っ白のお洋服の場合でも次亜塩素酸ナトリウムが付いた後に洗わずに時間が経ってしまいますと蛍光増白剤等に作用して白色ではなくなって色が変化してしまう場合があります

次亜塩素酸ナトリウムが濃色系のお洋服に付いてしまうと色を白くしてしまうのはご存じかと思います。

ですが、白いお洋服の生地にでも次亜塩素酸ナトリウムが付いてしまった後に、水洗いをせずに放置している時間が経ってしまいますと生地に変化をもたらします。

ですので真っ白なら問題が無いという訳でもありません。

帰ってからすぐに水洗いでのお洗濯をするのなら問題はありませんが、シルクやウールのジャケットやスラックスの場合にはそうはいきませんよね。

更に!
シルクの場合にはもう一つ注意点があります。
擦ってしまいますと起こる白くなる現象です。

シルクは細かい細い糸の集合ですので、擦る事によって生地の糸がミクロの状態で切れてササクレてしまい人間の目にはそのササクレが光を乱反射して白っぽく見える様になります。

この現象の事を白化現象と言います。
これは糸そのものがダメージを受けて起きていますので糸を元に戻す事はもう出来ません。

ですが、その場合でも特殊技術の色修正(染色補正)である程度は修復が可能です。

今回の食べこぼしのシミは取り除いた後に多少の色修正(染色補正)を施して殆ど見えなくなりました。

もしも、布おしぼりや紙おしぼり等で擦ってしまって色が無くなってしまったり、白っぽくなってしまってもご相談下さいね。

糸の物理的なダメージは治せませんが目立たなくする事は可能です。
ではでは〜。

【色が変化してしまったお洋服のご相談はこちらまでお問合せくださいませ】

クリーニングISEYAシミ抜き修復師オノウエノボル

尾上昇
尾上昇
大阪府吹田市五月ヶ丘北のクリーニングISEYA代表オノウエです。TeMA-クリーニングアドバイザーCA/京技術修染会認定修復師/クリーニング師/と複数の専門資格を習得。

メディア:株式会社商業界発行・ファッション販売2016年12月号にて、衣類のお手入れガイドブックを掲載。

メディア:漫画家のふかさくえみさん作「鬼桐さんの洗濯」第2巻の表表紙を開けた裏に参考資料として僕のブログである「onouenoboru.com」を掲載して頂きました。#鬼桐さんの洗濯 #ふかさくえみ 

メディア:吹田市男女共同参画センターデュオさんにて「プロ直伝 洗濯・アイロンのコツ~男性のための暮らしに役立つ簡単家事術~講座」開催いたしました。

”3度の飯よりシミ抜きが好き” ”休日はシミ抜き勉強会”こんなクリーニング師をはじめとする熟練スタッフが、お客様の”シミ”をお待ちしています。
お客様に喜んで頂く笑顔が一番のやり甲斐です。『うちのクリーニング屋さん』と呼んで下さい。