赤いインクの様な生地に浸透してしまった何回洗っても取れない時間が経ったシミでも取り除く事は可能かも知れませんよ

もう既に何回も洗っている状態の何回洗っても取れない赤いインクの様な染みでもシミ抜きすれば取り除ける事があります

はい、普段から着用する頻度の高いお洋服の場合ですとお家で洗える素材のお洋服が多いですよね。
その中のお洋服で毎日洗っても何回洗っても取れないシミが存在していたり致します。

そんなお洋服はお気に入りでももう部屋着にしてしまったり等取れないシミに諦めてしまいがちです。

でも、

実はそのシミは取り除く事が可能かも知れないんですね。

おはよございますオノウエです。
もしも時間が経ってしまったインクでもいつ付いてしまったのか分からないシミでも、取り除いてまた着用したいと思ったらお声掛けくださいね。

 

デリケートなお洋服に使われている生地は過度な染み抜きを致しますと溶ける等のダメージが発生する事があります

今回お預かり致しました染み抜きはデザイン性の高いスカートにいつ付いてしまったのか分からないインクの様な染みが付いているので何とかして欲しいとのご依頼でした。

ちなみに油性の染み抜きで赤いインクの様な染みが多少動きましたので、そのままより強めのインクの染み抜きと残った色素は漂白と色素除去で綺麗に取り除く事が出来ました。

この様に何が付いてしまったのかは分からない場合でも、時間を掛けて薬品を使用すれば取り除く事も出来るんですね。

この様なケースは非常に多くありますので何か分からないシミがお洋服に付いてしまった時には何も触らずに染み抜きの実績のあるクリーニングの染み抜きのプロにおまかせ下さいませ。

もし近くのクリーニング屋さんで染み抜きをしてもらえない場合にはぜひご相談下さいね♪

【全国郵送対応の染み抜きのご相談はこちらまで】

ではでは~。

クリーニングISEYAシミ抜き修復師オノウエノボル

尾上昇
尾上昇
大阪府吹田市五月ヶ丘北のクリーニングISEYA代表オノウエです。TeMA-クリーニングアドバイザーCA/京技術修染会認定修復師/クリーニング師/と複数の専門資格を習得。

メディア:株式会社商業界発行・ファッション販売2016年12月号にて、衣類のお手入れガイドブックを掲載。

メディア:漫画家のふかさくえみさん作「鬼桐さんの洗濯」第2巻の表表紙を開けた裏に参考資料として僕のブログである「onouenoboru.com」を掲載して頂きました。#鬼桐さんの洗濯 #ふかさくえみ 

メディア:吹田市男女共同参画センターデュオさんにて「プロ直伝 洗濯・アイロンのコツ~男性のための暮らしに役立つ簡単家事術~講座」開催いたしました。

”3度の飯よりシミ抜きが好き” ”休日はシミ抜き勉強会”こんなクリーニング師をはじめとする熟練スタッフが、お客様の”シミ”をお待ちしています。
お客様に喜んで頂く笑顔が一番のやり甲斐です。『うちのクリーニング屋さん』と呼んで下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。