以前に取ろうと試みてお家で取れなかったインクのシミですが何とかなりますでしょうか?

何回もお家やクリーニング屋さんで撮ろうとしたけど取れなかったインクの染みでも取り除く事が出来るかも知れませんよ

はい、お洗濯やクリーニング屋さんに染み抜きで出して、薄くはなって来るものの中々取れないシミってありますよね。

特にマジックやボールペンのインクの染みはお洗濯や染み抜きで取り切る事が出来ない状態ですと、その時点で生地にかなり浸透してしまい余計に取れにくいシミに変化致します。

その後も何回も洗ってしまっておりますと、更に取れにくくなり毎日洗っても何回洗ってももう薄くもならないシミになってしまいます。

おはようございますオノウエです。

ですが、

その何をしても取れない少しですが気になっているシミも、ある事をすれば取り除く事が可能なのかも知れませんよ~。

 

洗っても染み抜きしても取れない汚れやシミの正体は油にも水にも溶けないカーボン粒子の可能性があります

実は洗っても染み抜きしても取れない汚れやシミの正体の大半が、油にも水にも溶けないカーボン粒子である事が非常に多いんですね。

カーボン粒子とはいわゆる煤(すす)です。

煤(すす)は空気中にもミクロの状態で多く浮遊して存在しておりまして、ちなみにワイシャツの襟が黒ずんでくるのも人間の皮脂汚れにくっ付いた空気中に漂う煤(すす)が殆どの原因です。

身体の中から煤(すす)は出てこないですからね~(笑)

その取れ難さを利用して生まれたのが顔料インクです。

マジックやボールペンの取れにくいインクの場合には殆どの場合は顔料インクが使用されており、その成分の油にも水にも溶けない煤(すす)が繊維に付着した場合には生地の糸の繊維の奥深くまで入り込み取れなくなります。

染料とは違い漂白等でも白くしたり取り除く事は不可能です。

そりゃあ油にも水にも溶けないんですから、その煤(すす)の粒子には漂白剤が浸透しませんので漂白で白くする事も出来ないんですね。

でも取り除く方法があります。

要は繊維を膨らませてからほぐして繊維の間にある煤(すす)のカーボン粒子を取り除けばよい訳です。
という訳で、今回ご依頼頂きました何をしても取れなかったインクの染みは綺麗に取り除く事が出来ました♪

ですが生地の繊維に入り込んだ煤(すす)のカーボン粒子は、物理的な力で取り除く事をしなければならないので生地の繊維には負担を掛けてしまいます。

生地の繊維が既に大ダメージを負っている場合にはどうしようも無い事もありますのでお早めにご相談下さいね♪

【全国郵送対応の染み抜きのご相談はこちらまで】

ではでは~。

クリーニングISEYAシミ抜き修復師オノウエノボル

尾上昇
尾上昇
大阪府吹田市五月ヶ丘北のクリーニングISEYA代表オノウエです。TeMA-クリーニングアドバイザーCA/京技術修染会認定修復師/京技術修染会特別認定講師/クリーニング師/と複数の専門資格を習得。

メディア:株式会社商業界発行・ファッション販売2016年12月号にて、衣類のお手入れガイドブックを掲載。

メディア:漫画家のふかさくえみさん作「鬼桐さんの洗濯」第2巻と第3巻の表表紙を開けた裏に参考資料として僕のブログである「onouenoboru.com」を掲載して頂きました。
ハッシュタグは「 #鬼桐さんの洗濯 」「 #ふかさくえみ 」 で検索。

メディア:吹田市男女共同参画センターデュオさんにて「プロ直伝 洗濯・アイロンのコツ~男性のための暮らしに役立つ簡単家事術~講座」開催いたしました。

”3度の飯よりシミ抜きが好き” ”休日はシミ抜き勉強会”こんなクリーニング師をはじめとする熟練スタッフが、お客様の”シミ”をお待ちしています。
お客様に喜んで頂く笑顔が一番のやり甲斐です。『うちのクリーニング屋さん』と呼んで下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。