綺麗にならないと思われがちなお洋服の裏地ですが部分的なシミ抜きをすればかなり綺麗になる事があります


お洋服の袖口や襟ぐりの裏地には皮脂汚れや擦れ汚れと汗で変色している場合が多く見受けられます

はい、特に今時期に着用する冬用のお洋服は、クリーニングするのもシーズンの終わりに行う仕舞洗いの場合が多いので裏地は汚れている状態が長く続く事が多いんですね。

寒い時期には身体への水分補給が少ない為に、かく汗は成分が濃くなりがちでして汗等で水分を含んでいる場合には汗染みや変色も起こるやすく生地もフェルト化(生地がフェルトの様に固くなる現象)も起こりやすいのです。

とはいえ裏地ですので普段は目に付きにくくスルーされがちです。

ハンガーにかけた時に首回りが見えたり、袖をまくり上げる事でもしない限り見える事はありませんので気にはならないかと思います。

ですが汚れている状態が長く続く事はお洋服にとっても良くない環境ではありますので取り除きたいですよね。

おはようございますオノウエです。

そんな時には部分的な脇や襟部分のピンポイントシミ抜きで汗や皮脂汚れを取り除きましょう♪

 

実は諦めていた既に変色してしまった襟ぐりや袖口の裏地でも綺麗にする事はまだ間に合いますし可能なんです

裏地の汚れは普通にドライクリーニングするだけではお洋服に付いた油分は取り除けますが、水溶性の汚れや変化してしまった色(色素)は取り除く事が出来ません。

それはお肌と生地との接触によって生地が擦れてしまい繊維には細かい傷が入っており、その繊維の傷の隙間に汚れが浸透いたしますと更に取れにくくなります。

繊維の隙間に溜まってきた汚れは、やがて着用時の摩擦の温度や長時間保管時の酸化(酸素と反応して変化する事)の影響により色素も破壊されてしまい色を変化させます。

そうなってしまいますと、もうピンポイントに油性や水性の染み抜き処理や変化してしまった色素の漂白も視野に入れて取り除かなくてはいけない状態になってしまっています。

この状態になってしまったらもうお家ではどうする事も出来ませんよね。

でも大丈夫です。

生地さえ傷んでいなければ襟ぐりや袖裏の裏地の皮脂汚れや汗染みも、ピンポイントでシミ抜きをする事によってある程度は取り除く事が可能なんですね。

と言う訳で綺麗になりました。

裏地の汚れや変色が気になる場合にはこちらまでお問い合わせくださいませ♪

〇ネットでのご依頼はコチラ
↓↓↓↓
【遠方の場合の染み抜きのご相談はこちらまでご連絡くださいませ】

ではでは~。

クリーニングISEYAシミ抜き修復師オノウエノボル

尾上昇
尾上昇
大阪府吹田市五月ヶ丘北のクリーニングISEYA代表オノウエです。TeMA-クリーニングアドバイザーCA/京技術修染会認定修復師/クリーニング師/と複数の専門資格を習得。

メディア:株式会社商業界発行・ファッション販売2016年12月号にて、衣類のお手入れガイドブックを掲載。

メディア:漫画家のふかさくえみさん作「鬼桐さんの洗濯」第2巻の表表紙を開けた裏に参考資料として僕のブログである「onouenoboru.com」を掲載して頂きました。#鬼桐さんの洗濯 #ふかさくえみ 

メディア:吹田市男女共同参画センターデュオさんにて「プロ直伝 洗濯・アイロンのコツ~男性のための暮らしに役立つ簡単家事術~講座」開催いたしました。

”3度の飯よりシミ抜きが好き” ”休日はシミ抜き勉強会”こんなクリーニング師をはじめとする熟練スタッフが、お客様の”シミ”をお待ちしています。
お客様に喜んで頂く笑顔が一番のやり甲斐です。『うちのクリーニング屋さん』と呼んで下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。