もしもマニキュアごお洋服に大量に付いてしまった時にはどうされておりますでしょうか?

お家のお洗濯では取れそうにないマニキュアや接着剤汚れは取り扱いに気を付けましょう

はい、先日お受け致しましたのはマニキュアを使用中に落としてしまい、お洋服に付いてしまって拭き取ろうとしたら余計に広がってしまったとのお品物です。

マニキュアと言えば取り除く時に思い浮かべるのは除光液ですよね。

しかし除光液はエナメル質の爪に付いた時に使用するもので、お洋服等の生地に付いた時に使用する事には対応しておりません。

もしもお洋服に除光液を使用してしまいますと色々なリスクが発生してしまいます。

その中でもアセテートという素材に除光液を使うと生地が溶けて硬くなってしまったりと大ダメージが起きてしまいます。

おはようございますオノウエです。

お洋服には色んな素材や細い糸も使われていますのでそれが溶けて無くなってしまったりして大変なのです。

 

接着剤やマニキュアがお洋服に付いてしまったらシミ抜きの出来るクリーニング屋さんにご相談くださいませ

除光液を使用すると溶けてしまう、そんな素材で出来たお洋服は身近に沢山あります。

例えばアセテートやトリアセテートという生地です。

ウールや綿に付いた接着剤やペンキやマニキュア等は、クリーニング屋さんでシミ抜きすれば取り除く事がある程度は可能です。

ですがそれは付いてしまってから何もしていない状態ならという条件付きなんですね。

もしもお家で触ってしまってしまった時には、どうしようも無くなってしまう前に触るのを一時ストップして、直ぐにしみ抜きの出来るクリーニング屋さんにお持ち下さいませ。

特に今回の様なウールや綿等のお洋服の生地でしたら、また着用出来る様になる望みはありますので諦める前に是非ご相談下さいね♪

ではでは~。

「もしもお洋服にマニキュアが付いてしまった時のご相談はこちら♪」

クリーニングISEYAシミ抜き修復師オノウエノボル

尾上昇
尾上昇
大阪府吹田市五月ヶ丘北のクリーニングISEYA代表オノウエです。TeMA-クリーニングアドバイザーCA/京技術修染会認定修復師/クリーニング師/と複数の専門資格を習得。

メディア:株式会社商業界発行・ファッション販売2016年12月号にて、衣類のお手入れガイドブックを掲載。

メディア:漫画家のふかさくえみさん作「鬼桐さんの洗濯」第2巻の表表紙を開けた裏に参考資料として僕のブログである「onouenoboru.com」を掲載して頂きました。#鬼桐さんの洗濯 #ふかさくえみ 

メディア:吹田市男女共同参画センターデュオさんにて「プロ直伝 洗濯・アイロンのコツ~男性のための暮らしに役立つ簡単家事術~講座」開催いたしました。

”3度の飯よりシミ抜きが好き” ”休日はシミ抜き勉強会”こんなクリーニング師をはじめとする熟練スタッフが、お客様の”シミ”をお待ちしています。
お客様に喜んで頂く笑顔が一番のやり甲斐です。『うちのクリーニング屋さん』と呼んで下さい。