濃色シルクネクタイは着用後にそのまま汗や汚れが付いたままですと色が変わったり褪せたり致します

汗や汚れをそのままにしておりますと生地の色が変化しやすく全体的に色が褪せてしまった事はありませんか

はい、勿論シルクに限った事ではありませんので、ウールの場合でも綿の場合でも濃色の色が着用してもしなくても色褪せてきたりする事はあります。

特に濃色のお洋服の場合には、お肌が直接付き易い襟部分や袖口部分にも皮脂汚れが変化して色が変化してきたり致します。

ネクタの場合には直接お肌に触れる部分は少ないのですが、首に巻く部分はシャツを通り超して汗が染み出て付着し乾く事により目には見えない状態になってしまいます。

更には、体の前面でふらふらと揺れておりますのでその際のお洋服との摩擦により物理的なスレのダメージを染料や生地は常時受けてしまっているんですね。

食べこぼし等の汚れが付いた状態でそのままにしてしまいますと、その外的要因で付いてしまったシミが腐食いたします。

見えなかったり少しだからといってお洋服に付いてしまったままで取り除いていない汗や食べこぼし等を放置いたしますと、時間が経つにつれて成分が凝縮されて変化を起こし染料が劣化してしまうのです。

おはようございますオノウエです。

お洋服をそれらのダメージが蓄積されている状態でお洗濯やクリーニングを行いますと、クリーニングして洗った事が引き金となり劣化した生地や染料が剥げ落ちたりして大変な事にもなりかねないんですね~。

 

濃色のお洋服は洗っていない状態が長く続きますと洗った拍子に生地や色が傷んでいる部分から色が変わったり抜けたり致します

お洋服と言いますか生地に付いている色は殆どの場合が染料か顔料ですので、時間が経ってしまいますと着用していようがいまいが全体的に徐々に色は変化してきます。

後はその状態を受け入れるか受け入れないかなんですね。

皮革製品やデニム生地の様に劣化を楽しんで使う生地もあれば、シルクや綺麗系のお洋服の様に色が褪せたりする事が良しとしないお洋服もあります。

生地や染料が痛んで剥げ落ちたりする現象の根本的な原因は、生地や染料の寿命や汗や汚れや擦れによるダメージが生地に影響するからなんですね。

傷んでしまったお洋服をクリーニングを行なう事やお家のお洗濯で洗ったりする事が引き金となり起こってしまう色褪せ等は、洗う事によって傷んで弱ってしまった色素が汚れと一緒に流れ出てしまうといった現象なのでどうする事も出来ません。

ですが、変化してしまったり無くなってしまったりした色を後から修正する事はある程度なら可能なのです。

もしもお家で衣類の色が変わってしまったり抜けてしまったら、そんな時にはクリーニング屋さんの特殊技術である色修正(染色補正)をオススメ致します。

今回のご依頼である全体的に黄色く変色したネクタイも色修正(染色補正)を行う事によりまだまだ使用出来る状態に復元いたしました。

お家のお洗濯でもクリーニング屋さんのクリーニングでも、色が抜けたり他の色が付いたりした場合でもまだ治せるかもしれませんからね。

是非とも特殊技術である色修正(染色補正)の出来るクリーニング屋さんへお越しくださいませ。

【遠方からの場合の宅配しみ抜きクリーニング】のご要望はコチラ

ではでは~。

クリーニングISEYAシミ抜き修復師オノウエノボル

尾上昇
尾上昇
大阪府吹田市五月ヶ丘北のクリーニングISEYA代表オノウエです。TeMA-クリーニングアドバイザーCA/京技術修染会認定修復師/京技術修染会特別認定講師/クリーニング師/と複数の専門資格を習得。

メディア:株式会社商業界発行・ファッション販売2016年12月号にて、衣類のお手入れガイドブックを掲載。

メディア:漫画家のふかさくえみさん作「鬼桐さんの洗濯」第2巻と第3巻の表表紙を開けた裏に参考資料として僕のブログである「onouenoboru.com」を掲載して頂きました。
ハッシュタグは「 #鬼桐さんの洗濯 」「 #ふかさくえみ 」 で検索。

メディア:吹田市男女共同参画センターデュオさんにて「プロ直伝 洗濯・アイロンのコツ~男性のための暮らしに役立つ簡単家事術~講座」開催いたしました。

”3度の飯よりシミ抜きが好き” ”休日はシミ抜き勉強会”こんなクリーニング師をはじめとする熟練スタッフが、お客様の”シミ”をお待ちしています。
お客様に喜んで頂く笑顔が一番のやり甲斐です。『うちのクリーニング屋さん』と呼んで下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。