お洋服に付いてしまった毛染めはリムーバーや除光液等を使用して取ろうとすると色や生地を傷めてしまう事があります

応急処置により多少は毛染めの成分が溶けて薄くなったりは致しますがお洋服の場合には薄く広がりはしても完全には取れない事が多く生地もかなり傷めてしまいがちです

はい、お洋服に毛染めの液が付いてしまったので何とかして欲しいと言うご依頼なのですが、どうしても毛染めの液が付いてしまうと焦ってしまいリムーバーや除光液等を使って応急処置をしてしまいがちです。

毛染めの成分は殆どの場合が、酸化染料とアルカリ剤を混ぜた液に酸化剤(過酸化水素水)を加えた混合液です。

アルカリ剤で髪の毛のキューティクルの隙間を広げて酸化染料を入りやすくして染み込ませます。

その後に酸化剤でその色の分子を膨らませて、髪の毛のキューティクル隙間から酸化染料を出られなくしてキューティクル内部で発色させ色を染めるのが毛染めなんですね。

めちゃ簡単に言いましたが要するに髪の毛の成分は動物繊維のウールと殆ど同じ性質なんですね。

おはようございますオノウエです。
製品化されたウールのお洋服の色は簡単には落ちません。

それと同じ様に毛染めの液がお洋服に付いてしまいますと落ちにくくなるのは当然の結果ですので、もしもお洋服に毛染めが付いてしまったらそんな時には触らずに何もしていない段階でご相談下さいませ。

 

毛染めにも色んな種類がありますから頭皮や皮膚になら付いて直ぐなら簡単に取れるものもありますがお洋服の場合ですとほとんどの場合はリムーバー等を使用したとしても取り切れずに残ります

実際に美容室等でヘアマニキュアを取る時にコットンに含ませて使用するリムーバーの成分には、溶媒として水や揮発性のあるエタノールがあり、脱色剤として使用される亜硫酸ナトリウムやアルカリ性の水酸化ナトリウムも入っておりどれも色素を取る為の成分です。

しかしその成分量は人体に使用致しますので微量しか入っていません。

皮脂でおおわれている頭皮などには成分量が少なくても、ヘアマニキュアが皮脂油で浮いている状態なので取り除きやすいと思われます。

ですが、付いてしまった対象がお洋服の場合にはその定着効果が違います。

リムーバー等をお洋服に使用致しますと、逆に余計に色素を広げてしまい生地に浸透させてしまう場合もあるんですね。

ましてや擦る様な物理的なダメージを与えますとなおさら取れなくなりますのでご注意下さいませ。

今回の毛染めが付いてしまったオフホワイトのパンツは幸いな事に何も応急処置をせずにお持ち頂きましたので、綺麗に跡形もなく取り除く事が出来ました♪

無理やりに毛染めを取ろうとして擦ったりいたしますと、色柄物のお洋服なら色が抜けてしまいますし生地が毛羽だって白くなってしまう可能性もあります。

お洋服に毛染め液が付いてしまったら出来ればその時には何もせずにご相談下さいね。
もしも応急処置を何かしてしまってヤバいと思った後でも可能です。

毛染め液やヘアマニキュアのしみ抜き実績が、ホームページやブログ等でビフォー&アフターの画像を確認出来る実績のあるクリーニング屋さんなら現状よりも回復させてくれる可能性が高いです。

出来るだけ早めに相談致しましょう♪

ではでは~。

「お洋服にヘアカラー(毛染め)やヘアマニキュアが付いてしまった時のご相談はこちら♪」

クリーニングISEYAシミ抜き修復師オノウエノボル

尾上昇
尾上昇
大阪府吹田市五月ヶ丘北のクリーニングISEYA代表オノウエです。TeMA-クリーニングアドバイザーCA/京技術修染会認定修復師/クリーニング師/と複数の専門資格を習得。

メディア:株式会社商業界発行・ファッション販売2016年12月号にて、衣類のお手入れガイドブックを掲載。

メディア:漫画家のふかさくえみさん作「鬼桐さんの洗濯」第2巻と第3巻の表表紙を開けた裏に参考資料として僕のブログである「onouenoboru.com」を掲載して頂きました。
ハッシュタグは「 #鬼桐さんの洗濯 」「 #ふかさくえみ 」 で検索。

メディア:吹田市男女共同参画センターデュオさんにて「プロ直伝 洗濯・アイロンのコツ~男性のための暮らしに役立つ簡単家事術~講座」開催いたしました。

”3度の飯よりシミ抜きが好き” ”休日はシミ抜き勉強会”こんなクリーニング師をはじめとする熟練スタッフが、お客様の”シミ”をお待ちしています。
お客様に喜んで頂く笑顔が一番のやり甲斐です。『うちのクリーニング屋さん』と呼んで下さい。