お洋服の袖口は皮膚に直接触れる部分なので特に一番色の変化が表れやすい目安になる部分です

皮膚が直接触れる事によってスレ等による物理的ダメージで弱った生地に皮脂汚れが浸透して取り除きにくい状態になってしまいます

はい、着用によって起こってしまう汚れはただ汚れるだけではなく、皮膚が直接生地に触れる袖口や襟回りの部分は特にダメージが発生しやすいんですね。

生地へのダメージは勿論ですが白いお洋服意外なら生地の前に色(色素)がダメージにより変化してしまう可能性があります。

色(色素)の変化が起こる時には複数の原因の一つとして、汗の成分の残留による変化か皮脂汚れの蓄積による色素の劣化により色を変化させてしまいます。

おはようございますオノウエです。

スレ等による物理的な効果で弱った生地には特に浸透しやすい状態にある為に皮脂汚れが浸透して取り除きにくくなってしまうんですね~。

 

生地の色(色素)へダメージが発生している場合には洗浄のタイミングにより弱ってしまった色(色素)が汚れと一緒に抜けてしまう事もあります

お洋服の袖口や首回り部分はお洋服が汚れているかどうかの一つの指標になり、お洋服の中でも一番最初に汚れが蓄積されやすい場所でもあります。

色(色素)は傷んでしまいますとその分子結合が弱って移動しやすくなってしまい、洗剤を使用する事によって汚れの成分と認識されて汚れと一緒に生地から取り除かれます。

そう致しますと色(色素)が剥げてしまうという現象が起こってしまうんですね。

生地や色(色素)が弱ってしまった場合にはお洋服の生地に、「変色」「脱色」「退色」等の変化が起こりますので定期的なお洗濯やクリーニングは必要なのです。

今回お預かり致しましたグレーのお洋服の袖口に発生した黒っぽい皮脂汚れも、部分的なシミ抜きに寄って綺麗に取り除く事が出来ました。

弱ってしまった生地に洗浄をした事が引き金となり染料が剥げ落ちたりする事もありますが、色が変化したり無くなってしまった場合でもある程度の修復は可能な技術があります。

それは無くなってしまった色を足したりして修正する、色修正(染色補正)という技法です。

通常は人と会話する距離は約1メートルぐらいと言われています。

それよりも近くでお洋服をまじまじと見る事は先ずありませんので、その距離で色の変化が分からなければ基本的には目立たないと考えます。

それ以上は個人の感覚の問題となりますので、もしも「変色」「脱色」「退色」等の色の変化があれば、お受けする前には詳細を説明してご納得頂ける様であれば色修正(染色補正)で対応致します。

ですが、色修正(染色補正)も後入れの修正ですので生地へのダメージは元には戻る訳ではありませんし、新品にも戻るわけでも完璧に直る訳でもありませんので洗い方や回数によってはいずれは段々色が抜けてきます。

お値段もそこそこかかり修正の時間もかかりますがそれでも色が直ればまたお気に入りのお洋服が着れる様になるという事でお勧めしております。

また着たいそんな思いにお答え出来る様に努力いたしますのでその時には是非ともお声かけ下さいませ♪

「お洋服の色が無くなってしまった時のお直しのご依頼はコチラ」

ではでは~。

クリーニングISEYAシミ抜き修復師オノウエノボル

尾上昇
尾上昇
大阪府吹田市五月ヶ丘北のクリーニングISEYA代表オノウエです。TeMA-クリーニングアドバイザーCA/京技術修染会認定修復師/クリーニング師/と複数の専門資格を習得。

メディア:株式会社商業界発行・ファッション販売2016年12月号にて、衣類のお手入れガイドブックを掲載。

メディア:漫画家のふかさくえみさん作「鬼桐さんの洗濯」第2巻と第3巻の表表紙を開けた裏に参考資料として僕のブログである「onouenoboru.com」を掲載して頂きました。
ハッシュタグは「 #鬼桐さんの洗濯 」「 #ふかさくえみ 」 で検索。

メディア:吹田市男女共同参画センターデュオさんにて「プロ直伝 洗濯・アイロンのコツ~男性のための暮らしに役立つ簡単家事術~講座」開催いたしました。

”3度の飯よりシミ抜きが好き” ”休日はシミ抜き勉強会”こんなクリーニング師をはじめとする熟練スタッフが、お客様の”シミ”をお待ちしています。
お客様に喜んで頂く笑顔が一番のやり甲斐です。『うちのクリーニング屋さん』と呼んで下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。