織り目にスジが入っている日傘は中々取れにくくお家でのメンテナンスでは何ともならない事が多いんですね

日傘は使用しないで長時間保管しておりますと織り目に非常に取れにくい黄色いスジが入ってしまったり致します

はい、使用していない日傘を久し振りに開いてみますと丁度折り目の部分に黄色い筋が入ってしまっている事はありませんか?

特に何年も使用していない日傘には折り目の部分に黒や茶色のスジが入ってしまっていたり、縫い糸も弱ってしまい切れていたり部品も壊れていたりする事があります。

そんな時にはどうされてりますでしょうか?

勿論使用していない日傘でしたら捨ててしまうという選択肢もありますが、日傘は記念日の頂き物や大切な方から譲って頂いた様なお品物である事が多く何とか修復して欲しいとのご依頼も結構お受けする事があります。

おはようございますオノウエです。

特に年代物の日傘の場合にはクリーニングしたり染み抜きを致しますと何が起こるか分かりませんが、万が一のリスクの事もご理解頂いただければクリーニングやしみ抜きや部品破損修理もお受け出来るんですね。

 

日傘のクリーニングや染み抜きは種類や状態によって全て異なりますので90%手作業になりますから修復にもお時間を頂きます

綿や麻で出来ている日傘は特に変色しやすく汚れがヒドイ場合ですと部分的な漂白作業も修復工程に入ります。
生地に入っている黄色い筋はこの様に一本一本ずつ染み抜きを行って消していきます。

裏側が防水コーティングの日傘の場合にはコーティング素材であるポリウレタンが劣化する為に自然素材の日傘よりも寿命は短く一度劣化してしまいますと元には戻せません。

その場合には諦めて頂く以外に他なりません。

ですが自然素材の日傘の場合には修復する事が可能な場合が多くあり、早めのクリーニングやしみ抜きのメンテナンスをシッカリと行えば長く使用する事も可能です。

今回お預かりした日傘はまだ黄色い筋の除去が終わっただけの段階で、これからエンドレース部分の黄ばみを取り除く工程に入ります。

この状態に仕上がっただけでもかなり最初の状態から致しますと綺麗にはなりましたが、エンドレース部分の黄ばみ除去の後に金属部分の吹き上げと全体に撥水加工を施して出来上がりです。

お仕事のご依頼は、メールやライン@でのお問い合わせの段階で日傘全体の画像と部分的に気になる汚れやシミや修理個所の画像を送って頂ければ日傘のカウンセリングと仮お見積りを致します。

今回のお品物は2020年7月現在の価格で、税込み価格8800円(撥水加工仕上げ込み)となります。

日傘を送って頂きましたら実際にお品物を拝見させて頂いていから、汚れやシミの範囲などや個所を確認させて頂きその後にメールやライン@にて細部のご連絡を取らせて頂きご納得して頂ければお仕事をお受けする感じになります。

と言う訳でご連各派こちらまでお問合せ下さいませ♪

 

メールによるお問い合わせはコチラ⇒ 「メールによる問い合わせ」

ライン@によるお問い合わせはコチラ⇒ 「ライン@によるお問い合わせ」

ではでは~。

クリーニングISEYAシミ抜き修復師オノウエノボル

尾上昇
尾上昇
大阪府吹田市五月ヶ丘北のクリーニングISEYA代表オノウエです。TeMA-クリーニングアドバイザーCA/京技術修染会認定修復師/クリーニング師/と複数の専門資格を習得。

メディア:株式会社商業界発行・ファッション販売2016年12月号にて、衣類のお手入れガイドブックを掲載。

メディア:漫画家のふかさくえみさん作「鬼桐さんの洗濯」第2巻と第3巻の表表紙を開けた裏に参考資料として僕のブログである「onouenoboru.com」を掲載して頂きました。
ハッシュタグは「 #鬼桐さんの洗濯 」「 #ふかさくえみ 」 で検索。

メディア:吹田市男女共同参画センターデュオさんにて「プロ直伝 洗濯・アイロンのコツ~男性のための暮らしに役立つ簡単家事術~講座」開催いたしました。

”3度の飯よりシミ抜きが好き” ”休日はシミ抜き勉強会”こんなクリーニング師をはじめとする熟練スタッフが、お客様の”シミ”をお待ちしています。
お客様に喜んで頂く笑顔が一番のやり甲斐です。『うちのクリーニング屋さん』と呼んで下さい。