黒い汚れは水にも油にも溶けない固形の汚れが多く触ってしまいますと生地の奥深くまで入り込みます

気が付いたら何かは分からないが黒い汚れの様なシミがお洋服に付いてしまった

はい、お家で洗えるお洋服なら洗っている間に取れてしまう事もあるのですが、水洗い出来ないドライクリーニングオンリーのお洋服や洗うとしわくちゃになったり縮んだりしそうなお洋服の場合には中々お家では対応出来ません。

黒い擦れた様な汚れで落ちにくい汚れの殆どが、実は煤やカーボンの様な水にも油にも溶けないミクロの砂粒の様な固形の汚れの場合が非常に多いのです。

その黒い汚れを取り除こうと擦ったり水に浸けたりして触ってしまいますと、生地の糸の一本一本の奥深くまで黒い汚れが入り込み非常に取れにくくなってしまうんですね。

おはようございますオノウエです。

今回の様な洗っても取れない汚れや、お家では洗えないお洋服に付いてしまった何が付いてしまったか分からないシミの場合には応急処置等は何もせずにそのままの状態でお持ち頂いた方が非常に取れやすいです♪

 

なぜ??何もしないで応急処置も行わないでクリーニング屋さんに染み抜きの依頼をした方が良いのかと言いますと何もしなければ汚れやシミは生地の表面に乗っている状態で生地に浸透していないからなのです

生地の表面に乗っかって糸には浸透していない状態と言うのはクリーニング屋さんにとって一番染み抜きしやすく取り除く事が出来やすい状況なんですね。

しかし、クリーニング屋さんでも最初の染み抜きの行動次第で上手く行かない時には生地の糸の奥深くに黒い汚れ(ミクロの砂粒の様な固形の汚れ)を浸透させてしまい取れにくくなります。

そんな状況が起こらない様に染み抜きの出来るクリーニング屋さんでは、煤やカーボンの様な水にも油にも溶けないミクロの砂粒の様な固形の汚れに対しては長年の経験から特に効果のある方法を選んで取り除きます。

なので専用の薬品やピンポイントで染み抜きの出来る機械を使用して、これまでの経験を活かしながら特殊技術を駆使しこの様な取れにくいシミでも対応する事が出来るのです。

今回のお品物の様な淡色系のお洋服の場合には色(色素)が抜けてしまわない様にも注意しなければなりません。

要するに生地や色に負担を与える様な擦ったり漂白したりの力業は危険だという事ですね。

ちなみに何度も言いますが黒い汚れの殆どの場合にはススやカーボンの類の水にも油にも溶けない固形物質です。

ですので科学的な反応でシミや色を取り除く様な漂白剤の効果では、生地の色(色素)には影響が出ますが水にも油にも溶けない固形物質の黒い汚れには効果が薄く不向きなのです。

今回の様な対処方法をどうすれば良いか分からない様なシミの場合には、出来れば何も応急処置もお洗濯もせずにそのまま信用の出来る染み抜きが得意なお近くのクリーニング屋さんに相談して下さいね♪

ではでは~。

「お家でもクリーニング屋さんでも取れなかったしみ抜きのお問い合わせはこちら」

クリーニングISEYAシミ抜き修復師オノウエノボル

尾上昇
尾上昇
大阪府吹田市五月ヶ丘北のクリーニングISEYA代表オノウエです。TeMA-クリーニングアドバイザーCA/京技術修染会認定修復師/京技術修染会特別認定講師/クリーニング師/と複数の専門資格を習得。

メディア:株式会社商業界発行・ファッション販売2016年12月号にて、衣類のお手入れガイドブックを掲載。

メディア:漫画家のふかさくえみさん作「鬼桐さんの洗濯」第2巻と第3巻の表表紙を開けた裏に参考資料として僕のブログである「onouenoboru.com」を掲載して頂きました。
ハッシュタグは「 #鬼桐さんの洗濯 」「 #ふかさくえみ 」 で検索。

メディア:吹田市男女共同参画センターデュオさんにて「プロ直伝 洗濯・アイロンのコツ~男性のための暮らしに役立つ簡単家事術~講座」開催いたしました。

”3度の飯よりシミ抜きが好き” ”休日はシミ抜き勉強会”こんなクリーニング師をはじめとする熟練スタッフが、お客様の”シミ”をお待ちしています。
お客様に喜んで頂く笑顔が一番のやり甲斐です。『うちのクリーニング屋さん』と呼んで下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。