もしも車のドアに挟んで汚れてしまった時には汚れで分かりにくいですが生地にもダメージが発生している場合もあります

車のドアに挟んだり自転車のチェーンに巻き込んだお洋服には汚れ以外にも様々ダメージが生地に発生している場合もあります

はい、お洋服あるあるの1つではあるのですが、よく車の乗車時にお洋服の裾等をドアに挟んでしまう場合があります。

これからの寒くなる季節になってきますと、走っている車のドアの隙間からコートの裾やベルトが覗いていたりするのもたまに見かけたり致します。

何かにお洋服を挟んでしまうという状況は当然の事ながらお洋服の生地には多大なダメージが発生致します。

おはようございますオノウエです。

すると共に油や錆等の汚れが付着する事も多く車に乗り込む際には注意が必要なんですね〜。

 

ドアに挟んでしまうほど裾の長いお洋服やベルトの長いお洋服はクリーニング後に必ず生地のダメージをチェックしましょう

お洋服の生地のダメージは、シミや汚れ付いてしまっている状態ですとかなり見えにくいのですが殆どの場合には生地も傷んで擦り切れたり穴が開いていたりします。

汚れも油や錆等がミックスされた汚れの場合が多く、簡単には取れにくい事もありますのでシミ抜きの出来るクリーニング屋さんに相談致しましょう。

もしも生地に穴が開いてしまっていても、これ以上傷が広がらない様にお洋服をリフォームでお直しする等のアドバイスも頂けると思います。

今回の場合は油汚れを取り除いただけで済みました。

普段から清掃しにくい部分にお洋服が挟まれますと、思った以上にダメージが大きい事ごありますのでお気を付け下さいね。

【遠方の場合の染み抜きのご相談はこちらまでご連絡くださいませ】

ではでは〜。

クリーニングISEYAシミ抜き修復師オノウエノボル

尾上昇
尾上昇
大阪府吹田市五月ヶ丘北のクリーニングISEYA代表オノウエです。TeMA-クリーニングアドバイザーCA/京技術修染会認定修復師/京技術修染会関西地域認定講師/クリーニング師/と複数の専門資格を習得。

メディア:株式会社商業界発行・ファッション販売2016年12月号にて、衣類のお手入れガイドブックを掲載。

メディア:漫画家のふかさくえみさん作「鬼桐さんの洗濯」第2巻と第3巻の表表紙を開けた裏に参考資料として僕のブログである「onouenoboru.com」を掲載して頂きました。
ハッシュタグは「 #鬼桐さんの洗濯 」「 #ふかさくえみ 」 で検索。

メディア:吹田市男女共同参画センターデュオさんにて「プロ直伝 洗濯・アイロンのコツ~男性のための暮らしに役立つ簡単家事術~講座」開催いたしました。

”3度の飯よりシミ抜きが好き” ”休日はシミ抜き勉強会”こんなクリーニング師をはじめとする熟練スタッフが、お客様の”シミ”をお待ちしています。
お客様に喜んで頂く笑顔が一番のやり甲斐です。『うちのクリーニング屋さん』と呼んで下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。