保管中に黄色く点々と浮き出てくるシミは完全には防ぐ事も出来ませんが出てこない様に予防する事は可能です

後から出てくる黄色いシミの殆どの場合は時間が経ってから温度や湿度が作用してしまったお洗濯で取り切れていなかったシミが原因です

はい、お家でのお洗濯もそうですがクリーニング屋さんのドライクリーニングもそれだけでは汚れを落とし切る事は出来ません。

乾いてしまうと見えにくくなる様な、食べ物の汁等や飲み物等の透明の液体や汚れやシミはそのままにしてしまいがちです。

でも見えないんだから仕方ありませんよね。
しかし、その状態のまま時間が経ってしまいますと後から部分的に黄色くなってしまいます。

おはようございますオノウエです。

その後から浮出てきた黄色いシミの大半は部分的に取りきれてない食べこぼし汚れが変化したシミなんですね。

 

後から浮き出てくる汗や食べこぼしの汚れやシミを防ぐにはドライクリーニング+水洗いが有効になってきます

食べ物は時間が経つと腐食して色が変化致します。
勿論の事、同じ現象がお洋服の生地の上のシミ部分で起こっています。

お食事を致しますと気が付かない間に飛んでしまったスープやソース等が色んなトコロに付いてしまいますよね。

応急処置やお洗濯をしても完全には取り除けない事が多く、お家での洗い方では水洗いなのでお料理の油汚れは完全に落とせない場合には後から保管中に浮き出てくるシミの元になります。

同様にクリーニング屋さんのドライクリーニングだけでも水溶性であるシミは水洗いを行わないと落ちませんのでこちらも後から保管中に浮き出てくるシミの元になるんですね。

今回のお洋服の場合にも薄っすらと黄色い古いシミが保管中に浮き出てきたようです。

この場合には油性の処理と水溶性の処理を行った後に、黄色い色を取り除く色の色素取りを部分的な漂白で取り除きました。

特にウールやシルク等のタンパク質で出来た動物性の繊維は痛みやすく変化も出やすいく、綿や麻などの繊維も湿気を含みますと全体的に黄色くなってくる事もありますので保管の際にはお直し洗いでのドライクリーニング+水洗い(必ず水を使った洗濯)のW(ダブル)クリーニングが有効です。

既にシミになっている場合には特殊技術である部分染み抜きを行いますのでお声掛け下さいね野プ

【保管中に浮き出てきた黄色や茶色のシミ抜きはこちらまでご相談下さいませ】

ではでは~。

クリーニングISEYAシミ抜き修復師オノウエノボル

尾上昇
尾上昇
大阪府吹田市五月ヶ丘北のクリーニングISEYA代表オノウエです。TeMA-クリーニングアドバイザーCA/京技術修染会認定修復師/京技術修染会特別認定講師/クリーニング師/と複数の専門資格を習得。

メディア:株式会社商業界発行・ファッション販売2016年12月号にて、衣類のお手入れガイドブックを掲載。

メディア:漫画家のふかさくえみさん作「鬼桐さんの洗濯」第2巻と第3巻の表表紙を開けた裏に参考資料として僕のブログである「onouenoboru.com」を掲載して頂きました。
ハッシュタグは「 #鬼桐さんの洗濯 」「 #ふかさくえみ 」 で検索。

メディア:吹田市男女共同参画センターデュオさんにて「プロ直伝 洗濯・アイロンのコツ~男性のための暮らしに役立つ簡単家事術~講座」開催いたしました。

”3度の飯よりシミ抜きが好き” ”休日はシミ抜き勉強会”こんなクリーニング師をはじめとする熟練スタッフが、お客様の”シミ”をお待ちしています。
お客様に喜んで頂く笑顔が一番のやり甲斐です。『うちのクリーニング屋さん』と呼んで下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。