襟の裏地の生地が重なっている部分は黄色くなったり擦れで生地が薄くなったりと非常に変化しやすいです

生地が重なっている部分は皮脂汚れや擦れのダメージが蓄積しやすく見た目以上に生地が傷んでいる事があります

はい、よく着用するお洋服の裏側って見る事はありませんか?

実はお洋服の裏地はお肌に直接当たる部分も多く、汚れ易く擦れたり等の擦れによるダメージも非常に発生しやすいんですね。

特にクリーニングで取り切れていなかった汚れやシミは生地を継続的に痛めやすく、そのシミに湿気が反応してその影響でカビが発生してしまったり致します。

おはようございますオノウエです。

皮脂汚れの場合ですとそのタンパク質が栄養源となり虫食いなどの虫害の被害にも遭い易くなってしまうのです。

 

もしもお洋服の裏地が部分的に黄色く変色してしまっていたら出来るだけ早めに取り除きましょう

お洋服の裏地の場合には表側から直接見えない部分なので、既に穴や破れ等が発生しており生地の再生が手遅れになっている場合も多々あります。

そんな時には裏地の総入れ替え等の親のリフォームになります。

因みに袖の部分だけ裏地を交換する事も可能ですので、もしも染み抜きや色修正(染色補正)では既に対応出来ない場合にはご相談下さいね。

今回の裏地の黄ばみ取り事例は、皮脂汚れによる汚れの除去後に黄色い色素を取り除く為の特殊部分漂白を施して綺麗になりました。

一度でも生地が脆化してしまいますともう元には戻りませんので、同じお洋服を連続して着用する頻度は出来るだけ下げて使用致しましょう。

【もしも色が抜けたり変色してしまったお洋服のお直しのお問い合わせはこちらはコチラ

ではでは~。

クリーニングISEYAシミ抜き修復師オノウエノボル

尾上昇
尾上昇
大阪府吹田市五月ヶ丘北のクリーニングISEYA代表オノウエです。TeMA-クリーニングアドバイザーCA/京技術修染会認定修復師/京技術修染会関西地域認定講師/クリーニング師/と複数の専門資格を習得。

メディア:株式会社商業界発行・ファッション販売2016年12月号にて、衣類のお手入れガイドブックを掲載。

メディア:漫画家のふかさくえみさん作「鬼桐さんの洗濯」第2巻と第3巻の表表紙を開けた裏に参考資料として僕のブログである「onouenoboru.com」を掲載して頂きました。
ハッシュタグは「 #鬼桐さんの洗濯 」「 #ふかさくえみ 」 で検索。

メディア:吹田市男女共同参画センターデュオさんにて「プロ直伝 洗濯・アイロンのコツ~男性のための暮らしに役立つ簡単家事術~講座」開催いたしました。

”3度の飯よりシミ抜きが好き” ”休日はシミ抜き勉強会”こんなクリーニング師をはじめとする熟練スタッフが、お客様の”シミ”をお待ちしています。
お客様に喜んで頂く笑顔が一番のやり甲斐です。『うちのクリーニング屋さん』と呼んで下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。