お洋服の裏地はお肌に直接当たる部分が多く汚れや黄ばみが非常に発生しやすい場所でもあるんですね

お洋服の裏地生地は皮脂や汗により黄色くなったり等変色しやすい部分です

はい、お洋服の裏側は基本的には見えない部分ですので汚れていても気にはしない方も多くおられます。

ですが一度気になってしまいますと止まりませんよね。

特に変化しやすい裏地の部分は皮脂汚れや汗汚れや擦れのダメージが多く蓄積しやすい場所です。

例えばジャケットなら首筋の裏側や脇の下や袖口の裏側の部分等は必ず変化してきます。

こんにちはございますオノウエです。

それ以外にはポケットの入り口付近等も意外に汚れやすく変色しやすい部分であるんですね〜。

 

変色したり黄ばんだりしている部分は見た目以上に生地が傷んでいる事があります

勿論の事ですが裏地はお肌に直接当たる部分も多く、汚れ易く擦れたり等の擦れによるダメージも非常に発生しやすいんですね。

特にクリーニングで取り切れていなかった汚れやシミは生地を継続的に痛めやすく、そのシミに湿気が反応してその影響でカビが発生してしまったり致します。

皮脂汚れの場合ですとそのタンパク質が栄養源となり、虫食いなどの虫害の被害にも遭い易くなってしまうので注意が必要です!

かなり広範囲にシミや色変化が出やすいので場合によっては、裏地の総入れ替え等のリフォームの方が価格的にも安価になる場合もあります。

少しだけのシミでしたら勿論の事、部分的に特殊シミ抜きで対応する方が安価に治せます。

これも状態によるケースバイケースですので一度クリーニング屋さんに相談してから、どうするかを検討されるのも1つの方法ですね。

今回のジャケット裏地の黄ばみは点々と有りましたが、一つづつ特殊シミ抜きを行う事によって綺麗に取り除けました。

と言う訳で取り敢えずはこちらにご連絡下さいませ!

ではでは〜。

【もしも色が抜けたり変色してしまったお洋服のお直しのお問い合わせはこちらはコチラ

ではでは~。

クリーニングISEYAシミ抜き修復師オノウエノボル

尾上昇
尾上昇
大阪府吹田市五月ヶ丘北のクリーニングISEYA代表オノウエです。TeMA-クリーニングアドバイザーCA/京技術修染会認定修復師/京技術修染会関西地域認定講師/クリーニング師/と複数の専門資格を習得。

メディア:株式会社商業界発行・ファッション販売2016年12月号にて、衣類のお手入れガイドブックを掲載。

メディア:漫画家のふかさくえみさん作「鬼桐さんの洗濯」第2巻と第3巻の表表紙を開けた裏に参考資料として僕のブログである「onouenoboru.com」を掲載して頂きました。
ハッシュタグは「 #鬼桐さんの洗濯 」「 #ふかさくえみ 」 で検索。

メディア:吹田市男女共同参画センターデュオさんにて「プロ直伝 洗濯・アイロンのコツ~男性のための暮らしに役立つ簡単家事術~講座」開催いたしました。

”3度の飯よりシミ抜きが好き” ”休日はシミ抜き勉強会”こんなクリーニング師をはじめとする熟練スタッフが、お客様の”シミ”をお待ちしています。
お客様に喜んで頂く笑顔が一番のやり甲斐です。『うちのクリーニング屋さん』と呼んで下さい。

コメントを残す