赤っぽくなってしまった襟や袖口やパイピング(縁取りを包んでいる部分)は色抜けが起こっています

濃色お洋服の襟元や袖口やパイピング部分の色が赤っぽく変色してしまっているのは色が抜けてしまっているからなのです

はい、そろそろ暖かくなってきましたので冬物衣料のお直しを少しずつ始めておられると思います。
その時にはヘビロテで着用していた濃色で襟が起毛のアウター等の場合には必ずお直し洗いを行って下さいね。

実はですね、クローゼットにお直しする前の「お直し前洗い」を行う事によって、この様な襟元が赤くなってしまう変色を事前に防ぐ事が出来るかも知れないのです。

結局のところは襟元や袖口等のお肌に直接触れやすい部分には汗による汚れや皮脂汚れが付いておりますのでそれがお洋服に悪さを仕掛けるんですね!

おはようございますオノウエです。

その汚れが生地の色を傷ませてしまっている原因の一つですので、汚れていない様に見える場合でも着用しているのならクリーニングしてからお直しする事が変色等の予防に役立つのです!

 

もう既に襟元や袖口やパイピングの色(色素)が破壊され褪せてしまっている場合には再び元の状態近くまで復活させる事の出来る技術があります

お洋服に付いてしまったままの脂汚れや汗等は保管状況にもよりますが、時間が経ちますと変化が起こり、赤っぽく変色してしまう等の症状が出やすくなります。

今回の様な襟の変色の場合には「色修正(染色補正)」を行って修正するという方法があります。

それ以外の状況ですとガスによる全体的な退色の場合には広範囲に色が変化する事も多く、部分的に「色修正(染色補正)」のお直しを行うよりも全体染め等で対応する事の方が良い場合もあります。

着用時に擦れが発生しやすい部分や汗が沢山付いてしまったり手が触れてしまう部分には、どうしても色が変色してしまう成分が付着しておりますので時間と共に色に変化が表れてしまう可能性が非常に高いです。

もしもこの様な紺襟が赤っぽく変色してしまった時には、色を元の状態近くまで復元する技術である色修正(染色補正)で直す事が出来るかも知れませんのでお困りの際にはご連絡下さいませ。

ではでは~。

【遠方からの場合の宅配色修正&しみ抜き&クリーニングのご要望はこちら】

クリーニングISEYAシミ抜き修復師オノウエノボル

尾上昇
尾上昇
大阪府吹田市五月ヶ丘北のクリーニングISEYA代表オノウエです。TeMA-クリーニングアドバイザーCA/京技術修染会認定修復師/京技術修染会関西地域認定講師/クリーニング師/と複数の専門資格を習得。

メディア:株式会社商業界発行・ファッション販売2016年12月号にて、衣類のお手入れガイドブックを掲載。

メディア:漫画家のふかさくえみさん作「鬼桐さんの洗濯」第2巻と第3巻の表表紙を開けた裏に参考資料として僕のブログである「onouenoboru.com」を掲載して頂きました。
ハッシュタグは「 #鬼桐さんの洗濯 」「 #ふかさくえみ 」 で検索。

メディア:吹田市男女共同参画センターデュオさんにて「プロ直伝 洗濯・アイロンのコツ~男性のための暮らしに役立つ簡単家事術~講座」開催いたしました。

”3度の飯よりシミ抜きが好き” ”休日はシミ抜き勉強会”こんなクリーニング師をはじめとする熟練スタッフが、お客様の”シミ”をお待ちしています。
お客様に喜んで頂く笑顔が一番のやり甲斐です。『うちのクリーニング屋さん』と呼んで下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。