油性インクのシミは取れにくくなったり広がってしまう前に特殊染み抜きで綺麗に致しましょう

取れにくそうなお洋服に付いてしまったインクのシミはクリーニング屋さんの特殊染み抜きを利用しましょう

はい、知らない間に「何故ここに??」という場所にペンのインクが付いてしまっている事ってありますよね。

知らない間に突発的に付いてしまったインクの様な染みは、もしかしたらペンのインクでは無く顔料や染料で染められた物からたまたまお洋服が当たってしまい色が移った事も考えられます。

どちらにしても白いお洋服の場合にはインクの様な黒い汚れは目立ちやすいので生地を傷めずに早めに取り除きたいですよね。

おはようございますオノウエです。

自分で取り除くのもアリですが、失敗して取れにくくなったり広がってしまった場合には結局はクリーニング屋さんに染み抜きでお願いする事になってしまう場合もあります。

ならば最初からシミ抜きの得意なクリーニング屋さんの特殊染み抜きを利用しましょう!!

 

お家でもシミ抜きすればある程度は綺麗にはなりますが広範囲になってしまいますと中々取り除く事が出来ない状態になってしまいます

もしもお家で何とかしようと思ったのでしたらこちら以前に書きましたブログですので参考にして下さいませ。

【ファンデーションやインクは油に溶けますのでお洋服に付いたらこうやって取りましょう】

勿論自己責任でのお家お洗濯&染み抜きになりますのでよろしくお願い致します。

お家では洗う事の出来ない洗濯表示の場合にはクリーニング屋さんにご相談下さいませ。

今回も肩口に付いてしまったインクの様な汚れはインク取りの特殊染み抜きのみで綺麗に取り除く事が出来ました。

もしもお家でのお洗濯で取り切れないシミや汚れがございましたらぜひ一度信頼のおけるクリーニング屋さんへご相談下さいね♪

ではでは~。

【遠方からの場合の宅配しみ抜きクリーニングのご要望はコチラ

クリーニングISEYAシミ抜き修復師オノウエノボル

尾上昇
尾上昇
大阪府吹田市五月ヶ丘北のクリーニングISEYA代表オノウエです。TeMA-クリーニングアドバイザーCA/京技術修染会認定修復師/京技術修染会関西地域認定講師/クリーニング師/と複数の専門資格を習得。

メディア:株式会社商業界発行・ファッション販売2016年12月号にて、衣類のお手入れガイドブックを掲載。

メディア:漫画家のふかさくえみさん作「鬼桐さんの洗濯」第2巻と第3巻の表表紙を開けた裏に参考資料として僕のブログである「onouenoboru.com」を掲載して頂きました。
ハッシュタグは「 #鬼桐さんの洗濯 」「 #ふかさくえみ 」 で検索。

メディア:吹田市男女共同参画センターデュオさんにて「プロ直伝 洗濯・アイロンのコツ~男性のための暮らしに役立つ簡単家事術~講座」開催いたしました。

”3度の飯よりシミ抜きが好き” ”休日はシミ抜き勉強会”こんなクリーニング師をはじめとする熟練スタッフが、お客様の”シミ”をお待ちしています。
お客様に喜んで頂く笑顔が一番のやり甲斐です。『うちのクリーニング屋さん』と呼んで下さい。

コメントを残す