予期せぬ突然ついてしまったシミは付いてしまってから時間が経ってしまう前にしみ抜き致しましょう

※吹田市五月が丘北 鶏白湯そば 岸良

たんぱく質のシミは長時間放置してしまいますと時間が経過しからシミが浮き出てきてかなり頑固で取れにくくなってしまう事があります

はい、ラーメンをよく食べるのですが必ずと言ってよい程に知らない間にお洋服に汁が飛び散ってついてしまう事がよくあります。

気を付けてはいるのですが(笑)

特に食べこぼしのシミの場合にはお洋服の生地に長時間付いたままにしてしまいますと良い事は何も起きません。

おはようございますオノウエです。

食べこぼしのシミは放置する事で衣類の害虫による虫食いの原因にもなってしまい、固まってしまったタンパク質のシミがアルカリ性に変わってしまいますと色素や動物性繊維はダメージを大きく受ける事があります。

と言う訳でいつどこで付いたのか分からない様なシミはお早めにご相談下さいませ♪

 

※吹田市江の木町 注文の多いラーメン屋

シミは時間が経ってしまうと色柄物のお洋服の場合にはシミの下にある色が壊れてなくなってしまう事があります

色が壊れると言うのはシミの変化した成分によって色が分解されてしまい、お洋服の生地の上に色が乗っかっているだけの状態になってしまっている事を言います。

その事を詳しく書いた記事はこちら→【濃色のお洋服の襟や袖口や裾の色が変色したとしてもそれ何とかなるかも知れませんよ】

こうなってしまった場合には壊れてしまった色を修正する技術である色を直す事の出来る「特殊色修正」(染色補正)という特殊技術が必要になります。

もしも、お家での染み抜きで失敗してしまった場合に壊れて無くなってしまった色も、「特殊色修正」で直す事が可能な場合もありますのでその時にはご相談下さいませ。

ではでは~。

「取れそうにない染み抜きのご相談はこちらまでご連絡下さいませ」

クリーニングISEYAシミ抜き修復師オノウエノボル

尾上昇
尾上昇
大阪府吹田市五月ヶ丘北のクリーニングISEYA代表オノウエです。TeMA-クリーニングアドバイザーCA/京技術修染会認定修復師/京技術修染会関西地域認定講師/クリーニング師/と複数の専門資格を習得。

メディア:株式会社商業界発行・ファッション販売2016年12月号にて、衣類のお手入れガイドブックを掲載。

メディア:漫画家のふかさくえみさん作「鬼桐さんの洗濯」第2巻と第3巻の表表紙を開けた裏に参考資料として僕のブログである「onouenoboru.com」を掲載して頂きました。
ハッシュタグは「 #鬼桐さんの洗濯 」「 #ふかさくえみ 」 で検索。

メディア:吹田市男女共同参画センターデュオさんにて「プロ直伝 洗濯・アイロンのコツ~男性のための暮らしに役立つ簡単家事術~講座」開催いたしました。

”3度の飯よりシミ抜きが好き” ”休日はシミ抜き勉強会”こんなクリーニング師をはじめとする熟練スタッフが、お客様の”シミ”をお待ちしています。
お客様に喜んで頂く笑顔が一番のやり甲斐です。『うちのクリーニング屋さん』と呼んで下さい。