お家でウール製品を洗って縮んでしまったケースの殆どが「水洗いの表示が×」のお洋服です

お家で水洗の出来るウールセーターも場合によっては縮んでしまう事もあります

はい、最近ではお家でウール製品を洗う事が多いとは思いますが、お家で洗えるウール製品には水洗いに耐える事が出来る様に加工がされております。

その加工とは生地に水分が浸透しない様にコーティング等で糸が覆われており、水が浸透しないので生地や糸に変化が出にくいので縮まないという加工なんですね。

おはようございますオノウエです。

逆に言いますと縮むお洋服は水が生地に浸透してしまい、生地に変化をもたらせお洋服の形が変わって仕舞うからなのです。

 

あくまでも水洗いが出来るウールと言うのは「水洗いの表示が〇」のウールお洋服の事なのです

よく勘違いされやすいのですが水で洗えるウール製品があるから他のウール製品も洗えると思ってしまう事です。

因みに水洗いの表示が✖のお洋服でもクリーニング屋さんでは水を使用して洗う事があります。

ですがそれは繊維の特性を知り衣類に弊害が出ない程度に洗う技術を持っており、もしも弊害が出た場合でも直せる設備と技術がありますのでお洋服を綺麗にする為にギリギリのラインまで対応出来るのです。

お家でのお洗濯ではそれが中々出来ませんので縮む可能性が非常に高くなるんですね。

もしセーターが縮んでしまった場合には、先ずは縮んだのが分かった時点でセーターを触ってみます。

その時に目が詰まった生地は硬くなります。

そして治らない状態の縮んだウール製品の特徴を見極めるんですね、「触ると生地が硬い感じがする」「縦にも横にも引っ張っても全く伸びない」そんな時には危険信号ですのでご相談くださいね♪

ではでは~。

【郵送でのお品物の染み抜き等のご相談はこちらまでご連絡くださいませ】

クリーニングISEYAシミ抜き修復師オノウエノボル

尾上昇
尾上昇
大阪府吹田市五月ヶ丘北のクリーニングISEYA代表オノウエです。TeMA-クリーニングアドバイザーCA/京技術修染会認定修復師/京技術修染会関西地域認定講師/クリーニング師/と複数の専門資格を習得。

メディア:株式会社商業界発行・ファッション販売2016年12月号にて、衣類のお手入れガイドブックを掲載。

メディア:漫画家のふかさくえみさん作「鬼桐さんの洗濯」第2巻と第3巻の表表紙を開けた裏に参考資料として僕のブログである「onouenoboru.com」を掲載して頂きました。
ハッシュタグは「 #鬼桐さんの洗濯 」「 #ふかさくえみ 」 で検索。

メディア:吹田市男女共同参画センターデュオさんにて「プロ直伝 洗濯・アイロンのコツ~男性のための暮らしに役立つ簡単家事術~講座」開催いたしました。

”3度の飯よりシミ抜きが好き” ”休日はシミ抜き勉強会”こんなクリーニング師をはじめとする熟練スタッフが、お客様の”シミ”をお待ちしています。
お客様に喜んで頂く笑顔が一番のやり甲斐です。『うちのクリーニング屋さん』と呼んで下さい。