ワイシャツのボタンを付けようとしたらが合いにくかったり襟や袖口が少し窮屈だったことはありませんか?

ワイシャツのボタンホールが合わないのは前立てに接着芯地が使用されているで縮んでしまったのかも知れません

はい、ワイシャツの前立てや襟や袖口には生地が分厚い部分があります。

ワイシャツの一番動かす部分なので直ぐに傷んでしまわない様にする事や、全体的なシルエットを崩さない様に生地が厚くなっているんですね。

でも、いつも着ているワイシャツのボタンを付けようとしたらボタンとボタンホールが合いにくかったり、襟元や袖口が少し窮屈だったと感じた事はありませんか?

実はそれ、
縮んでいるのかも知れません。

では、どうして縮むのでしょう?

おはようございますオノウエです。
ワイシャツの前立てや襟や袖口の厚みのある固い部分の生地には「接着芯地」が使われている事が多く、その接着に使用されている接着剤が熱と反応して縮んでしまった可能性があるのです。

 

前立てや襟や袖口に接着芯地が使われている場合には縮む可能性があります

最も分かりやすいのが、前立ての一番下のボタンホールを合わせた時にボタンとホールの位置が左右で合わない場合が縮んでいる状態なんです。

接着芯地が使われている場合にはそのワイシャツを高温で洗ったりいたしますと、前立てや襟や袖口に使われている芯地が縮んだり致します。

前立ての部分には、大体ボタンホール側の生地に芯地が使われている場合が多いのでが、男性で言いますと着用している状態では左のボタンホール側の前立てが縮みます。

ですがボタン側の生地に接着芯地が使われている場合もありましてその場合には右側が縮みます。

逆に言いますと前立てに芯地が使用されていない場合は縮むことはありません。

もし色柄物や部分的に異素材が使われているワイシャツの場合には温度の高い洗濯方法のワイシャツ洗いでお願いするのではなく、常温近い温度で洗濯する方法の通常のオープンシャツ(デリケートな水洗い)のクリーニングコースでお願いいたしましょう。

生地が縮んでしまうのは「接着芯地」の変化であり、ワイシャツの洗浄温度を上げる事によって洗剤や漂白剤の効果が飛躍的に上がり汚れやキバミを落とす高温洗浄が原因の一つです。

でも、
もし前立てが縮んでも業務用のアイロンと水の霧吹きのあるクリーニング屋さんではもちろん直す事は可能です。

直った時の目安は前立ての一番下のボタン部分がちゃんとボタンホールに合っていれば正常な状態です。

もし縮みが気になる様でしたらクリーニング屋さんで直してもらいましょう♪

ではでは~。

【遠方の場合の衣替えの染み抜きのご相談はこちらまでご連絡くださいませ】

クリーニングISEYAシミ抜き修復師オノウエノボル

尾上昇
尾上昇
大阪府吹田市五月ヶ丘北のクリーニングISEYA代表オノウエです。TeMA-クリーニングアドバイザーCA/京技術修染会認定修復師/クリーニング師/と複数の専門資格を習得。

メディア:株式会社商業界発行・ファッション販売2016年12月号にて、衣類のお手入れガイドブックを掲載。

メディア:漫画家のふかさくえみさん作「鬼桐さんの洗濯」第2巻の表表紙を開けた裏に参考資料として僕のブログである「onouenoboru.com」を掲載して頂きました。#鬼桐さんの洗濯 #ふかさくえみ 

メディア:吹田市男女共同参画センターデュオさんにて「プロ直伝 洗濯・アイロンのコツ~男性のための暮らしに役立つ簡単家事術~講座」開催いたしました。

”3度の飯よりシミ抜きが好き” ”休日はシミ抜き勉強会”こんなクリーニング師をはじめとする熟練スタッフが、お客様の”シミ”をお待ちしています。
お客様に喜んで頂く笑顔が一番のやり甲斐です。『うちのクリーニング屋さん』と呼んで下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。