まだ使いたいけどお洗濯してもクリーニングに出しても取れないシミが付いたままのお洋服でも対処方法がありますよ

長く着用してもう既に何度洗っても染み抜きしても漂白しても取れない頑固なシミや黄ばみがある場合でも何とかなるかも知れませんよ

はい、まだまだ朝晩は冷えますので暑さも寒さも定着せずに、街中で着用するお洋服も暑そうな長袖の方や涼しそうな半袖の方もおり様々ですよね。

もう着用する事のない厚手の冬物はお直しクリーニングしてるとして、こんな季節にはそれ以外のお洋服を引っ張り出してどれにしようか迷うかと思います。

そんな時には取れないシミが付いたままで諦めていたものの、捨てきれずにクローゼット内に長期保管してあるそんなお洋服を発見しやすいのです。

おはようございますオノウエです。

お洋服をお家でメンテナンスする為の方法が沢山ある様に、クリーニング屋さんもお店によってはそのメンテナンス方法も全く違います。

「あのお店で落ちなかったシミがこのお店なら落ちた!」と言う様に10年前のお洋服のシミでも落とせるお店と落とせないお店等の差があるんですね。

 

お気に入りのお洋服をいかに長く着用出来るか適正なメンテナンスを行うクリーニング屋さんを探すのも重要な事なのです

そんなお気に入りのお洋服をしっかりとメンテナンスする為のクリーニング屋さん選びのお店の一つになれたら良いなと思います。

と言う訳で、お洋服をメンテナンスする為の当店「ISEYA(いせや)のクリーニング」の特殊技術をご紹介致します。

「ISEYA(いせや)クリーニング」の代表的な6つの特殊技術

①お家のお洗濯で落ちなかったシミ ⇒ピンポイントでシミに負荷を与えて取り除きます。

対応方法事例「特殊部分染み抜き」

 

②色が剥げてしまったり色が抜けてしまう ⇒剥げたり無くなった色をもう一度入れ直す。

対応方法事例「特殊部分色修正(染色補正)」

 

③毛羽立ちが起こり擦り切れて白く見える ⇒毛羽立ちを抑えて白く見えにくくする。

対応方法事例「特殊白化直し」

 

④生地目が開いてしまい傷の様になってしまう ⇒歪んでしまった生地目を直す。

対応方法事例「特殊目寄れ直し」

 

⑤ウール製品等の毛玉を取り除きたい ⇒生地に合わせたカウンセリング後の毛玉取り。

対応方法事例「特殊全体毛玉取り」

 

⑥全体的にお洋服に取れそうにないシミや黄ばみが発生していたり色自体を変えたい ⇒お洋服の色自体を染め直して別の色に変化させる全体染め。

対応方法事例「特殊全体染め」

その他にも希望のお洋服に関して行って欲しい事があれば、おっしゃって頂ければ出来る事もありますのでご相談下さい。

これらは当店で行っているほんの一部の特殊技術なのですが、毎日のご依頼の中から日々進歩しておりどんどんレパートリーは増えてきておりますので是非ともお声かけ下さいませ♪

ではでは~。

【配送での特殊染み抜き等のご相談はこちらまでご連絡くださいませ】

クリーニングISEYAシミ抜き修復師オノウエノボル

尾上昇
尾上昇
大阪府吹田市五月ヶ丘北のクリーニングISEYA代表オノウエです。TeMA-クリーニングアドバイザーCA/京技術修染会認定修復師/京技術修染会関西地域認定講師/クリーニング師/と複数の専門資格を習得。

メディア:株式会社商業界発行・ファッション販売2016年12月号にて、衣類のお手入れガイドブックを掲載。

メディア:漫画家のふかさくえみさん作「鬼桐さんの洗濯」第2巻と第3巻の表表紙を開けた裏に参考資料として僕のブログである「onouenoboru.com」を掲載して頂きました。
ハッシュタグは「 #鬼桐さんの洗濯 」「 #ふかさくえみ 」 で検索。

メディア:吹田市男女共同参画センターデュオさんにて「プロ直伝 洗濯・アイロンのコツ~男性のための暮らしに役立つ簡単家事術~講座」開催いたしました。

”3度の飯よりシミ抜きが好き” ”休日はシミ抜き勉強会”こんなクリーニング師をはじめとする熟練スタッフが、お客様の”シミ”をお待ちしています。
お客様に喜んで頂く笑顔が一番のやり甲斐です。『うちのクリーニング屋さん』と呼んで下さい。