デニムのインディゴは漂白剤を使うと色落ち致しますので使わないでね

 

デニムが汚れた時には漂白剤は絶対に使わないでね

はい、先日にお家で汚れてしまったデニムのシミを取ろうとして、漂白したら白くなってしまったので何とかして欲しいとのご相談をお受けいたしました。

デニムのブルーはインディゴ染料(顔料)と言いまして、元々そんなに生地にしっかりと付くような強い染料ではありませんので着用している内にだんだんと色落ちしていきます。

しかし、その弱点が逆に魅力になっているんですね。
使用感のある色落ちしたデニムはカッコイイですからね。

そう、デニムって年齢に関係なく着用出来る永遠の定番おしゃれアイテムですよね〜。

おはようございますオノウエです。
そんな強くない染料のインディゴですので、当然漂白なんてしてしまったら色なんてすっ飛んでしまうんですね。

 

もしも色が抜けてしまってもその色を直す事が出来るかも知れません

ええ、デニムの場合はこんな風にシミを取ろうとすると、シミが取れてもシミの下にある色まで取れてしまう事が非常に多いのです。

もしも色が抜けてしまった時には是非ご相談くださいませ。
その無くなった色をまた戻せるかも知れないんですね。

その技法は色修正って言います。
こんな感じで無くなった色を足して元に近くなる様に修復いたします♪

 

 

こんな感じで修復師が修正いたします!

あっ!
僕が修復師です(笑)

そういう訳で相談してね♪

ではでは〜。

クリーニングISEYAシミ抜き修復師オノウエノボル

尾上昇
尾上昇
大阪府吹田市五月ヶ丘北のクリーニングISEYA代表オノウエです。TeMA-クリーニングアドバイザーCA/京技術修染会認定修復師/クリーニング師/と複数の専門資格を習得。

メディア:株式会社商業界発行・ファッション販売2016年12月号にて、衣類のお手入れガイドブックを掲載。

吹田市男女共同参画センターデュオさんにて「プロ直伝 洗濯・アイロンのコツ~男性のための暮らしに役立つ簡単家事術~講座」開催いたしました。

”3度の飯よりシミ抜きが好き” ”休日はシミ抜き勉強会”こんなクリーニング師をはじめとする熟練スタッフが、お客様の”シミ”をお待ちしています。
お客様に喜んで頂く笑顔が一番のやり甲斐です。『うちのクリーニング屋さん』と呼んで下さい。