コーキング剤は生地に浸みこんでいなければ取れますよ

3dbd4b0df018c75781e6bf5a7d4d98a2_s

衣類に付いたコーキング剤は取れないのか

はい、実は付いた後の状況と、生地によりますが、結論は付いてすぐに何もせずにクリーニング屋へシミ抜きで持って来て頂ければ、ほとんどの場合は取れるのです。

しかし、付いてしまった時に取ろうと努力して擦ってみたり、洗剤を直接付けたり、漂白したり、適正な処理をせずにクリーニングしたりすると取れなくなったりします。

 

おはようございます!オノウエです、まいど。
ペンキや絵具等の塗料は、生地に浸みこんでいなければしっかりと取れます。

擦らず焦らず、シミ抜きが出来るクリーニング屋にまずご相談くださいませ。

 

 

1446109113220

 

何故擦ると何故取れなくなるのでしょう

コーキング剤は接着剤のようなものなので、表面に乗っている状態だと油性の溶剤で、物理的な力を与えてやれば表面から剥がれて取れるんです。

でも、擦ったり洗剤が作用したりした後だと、衣類の繊維の中まで入り込みます。
そうすると、繊維自体にダメージを与えないと取れなくなるんですね。

 

同様に、接着剤や、溶けたビニールなどもそうです。

シミが生地に乗っかっているだけの状態が、一番シミ抜きの時にはベストの状態です。

 

 

1446108573914

 

1446108917308

 

この様にだいたいは取れています

ただ、しみ抜きの処理をしていると、やはり、事前に取ろうとした形跡のある部分に関しては中々取れませんでした。

ですので、少し余分に時間は掛かりましたが取れました♪

 

コーキング剤が付いても、見ての通り現状よりは良くなりますので、諦めてしまう前にクリーニング屋でシミ抜きする事は十分に価値があります。

 

プロでも、最初の一発目の処理を間違ってしまうと取れにくくなる可能性があります。

クリーニング屋の受付で、『コーキング剤取れますか?』って聞いた時に、即答で『ムリです』って言われたら、迷わず違うクリーニング屋にお願いいたしましょう。

 

 

 

建築関係の方大歓迎ですよ~♪

 

ではでは~。

 

 

クリーニングISEYAシミ抜き修復師オノウエノボル

尾上昇
尾上昇
大阪府吹田市五月ヶ丘北のクリーニングISEYA代表オノウエです。TeMA-クリーニングアドバイザーCA/京技術修染会認定修復師/クリーニング師/と複数の専門資格を習得。
メディア:株式会社商業界発行・ファッション販売2016年12月号にて、衣類のお手入れガイドブックを掲載。
”3度の飯よりシミ抜きが好き” ”休日はシミ抜き勉強会”こんなクリーニング師をはじめとする熟練スタッフが、お客様の”シミ”をお待ちしています。
お客様に喜んで頂く笑顔が一番のやり甲斐です。『うちのクリーニング屋さん』と呼んで下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。