レザージャケット(革ジャン)っていつ頃洗いましたか?お洗濯する時ってどんな時なのでしょう

レザージャケット(革ジャン)って普段から着ていない時には大概クローゼットの奥深くで眠っている事が多いんです

はい、レザージャケットですがジャケットに限らず基本的に革製品と言うのはあまりお洗濯致しませんよね。
「購入してから1度も洗った事がない」そんな方も普通に沢山おられます。

元々皮革製品は着倒して使い倒して変色やキズも味になり、時間や使用と共に劣化する事も1つのファッションとして楽しむお品物でもあります。

変色やキズを良しとしないキレイ系の使い方ももちろんありますが、やはり使っていると変化は致しますからね。

皮革製品は基本的にはクリーニングに出される方は少ないといえますが、メンテナンスについて実は1つ大事なことがあります。

それは、カビや匂いです。
コレは発生すると中々取れません。

気候がからっとした空気の渇いているところなら湿気もなく匂いが発生しにくいのですが、日本は高温多湿の国です。

夏はもちろん冬でも当然汗はかきます。
むしろ冬の方が水分をあまり取らない為に成分の濃い汗をかきます

それがお洋服に着くと変色や匂いの原因になるんですね。

おはようございますオノウエです。
何もレザー製品に関してだけではなくお洋服全般に言える事ですね♪

長年蓄積されたカビや匂いを取るためにはメンテナンスをしないと取り除けません

レザージャケットなどの革製品は仕舞ってある事を思い出して使うまで、かなりの長期間クローゼットで眠っている事が多い様です。

その洗い方は水溶性の汚れが取れないドライクリーニングではなく、基本的にはレザージャケットはほとんどの場合が水洗いになります。

お家でのメンテナンスはお家で洗えませんのでレザージャケットはクリーム等でのメンテナンスになります。
ですがそれでは匂いは中々取れません。

ニオイ取りスプレー等もありますが連続使用していると革が硬くなってきたり致します。

クリーニング屋さんでは特殊皮革専用の洗剤とリンスを使い水洗いの丸洗いで洗って立体成型でお仕上げをしています。

皮革専用の丸洗いの水洗いをする事によってレザージャケットは多色のゴワツキは出ますがかなりさっぱりいたします。

洗いたては多少ゴワツいても着ているうちに馴染んできますしね♪
洗う事により汚れや匂いはかなり軽減されます。

ですので皮革製品でもし汚れや匂いの気になる方、
眠っている革ジャンをまた着たいと思う方はぜひ水洗いでの特殊クリーニングをお勧めいたしますね♪

ではでは〜

クリーニングISEYAシミ抜き修復師オノウエノボル

尾上昇
尾上昇
大阪府吹田市五月ヶ丘北のクリーニングISEYA代表オノウエです。TeMA-クリーニングアドバイザーCA/京技術修染会認定修復師/クリーニング師/と複数の専門資格を習得。
メディア:株式会社商業界発行・ファッション販売2016年12月号にて、衣類のお手入れガイドブックを掲載。
”3度の飯よりシミ抜きが好き” ”休日はシミ抜き勉強会”こんなクリーニング師をはじめとする熟練スタッフが、お客様の”シミ”をお待ちしています。
お客様に喜んで頂く笑顔が一番のやり甲斐です。『うちのクリーニング屋さん』と呼んで下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。