久しぶりにクローゼットから出した冬物のお洋服にシミが出て来ていたら早めにシミ抜き致しましょう

仕舞う前には気が付かなかったシミは何のシミなのか

はい、そろそろ寒くなって来そうな気配が致しますね。

毎年の事ですが衣替えのこの時期には久しぶりにクローゼットから出して見たらお洋服にシミが出て来ていたと言う事例は非常によくあります。

特に食べこぼしの様な黄ばみが浮き出てきている場合などは後から出てくる典型のシミなんですね。

それは仕舞う前に取り切れていなかったタンパク系の成分が空気中の酸素と結合して時間をかけて変化して浮き出てきたシミなんです。

クリーニング屋さんにクリーニングしてもらっても普通にお願いするとドライクリーニングでのお洗濯になりますので水溶性であるタンパク質の汚れは殆ど取れません。

やはり食べこぼしや水溶性の汚れを取る場合は通常のクリーニングメニューとは違う、水を使ったダブルクリーニングや汗抜きクリーニングのコースでお洗濯してもらう事が有効です。

おはようございますオノウエです。

既にシミになってしまっている場合にはシミ抜きがオススメです♪

 

クリーニング屋さんから戻って来たお洋服は必ずビニールから出して保管致しましょう

例えば袋に入れたままの状態で長期間保管してしまいますと湿気がたまりやすく生地にタンパク質の汚れが取りきれずに付いていたりすると反応いたします。

ですので保管時には必ずビニール袋から出してお直しをお願いいたします。
特に綿や麻の生地には時間が経ってから浮き出てくる黄ばみはそう簡単には取れません。

こういった浮き出てきた黄ばみを取る為には、最終的には漂白が必要になります。

ご家庭では部分的に漂白する事はとても難しいので出来ない事も有りませんが、色柄物は色が抜けてしまう事も有りますので要注意です。

もしもご自分で行う場合には先ず生地や色に対してのどうなってしまうか?等のお洋服な対する作用を考えないと色が出たり変色したりコーティングが剥がれたり色が抜けてしまったりとリスクは多いですのでお気を付け下さいね。

使用する漂白剤ですが、塩素系(ハイタ―・キッチンハイタ―)は大変危険ですのでお洋服には絶対に使用しないで下さいね。

使用するのならお洋服に安全な酸素系漂白剤(ワイドハイタ―等)を使います。

あと、塩素系漂白剤と酸素系漂白剤は混ぜるとかなり危険ですので絶対にしないで下さいね。

ちなみにクリーニング屋さんでは漂白したい部分だけに漂白作用をかける事が可能なので生地に極力ダメージを与えずに黄ばみやシミを取る事が可能です。

自分ではどうしようもないと判断した場合にはお近くのシミ抜きのプロがいるクリーニング屋さんでお願いいたしましょう♪

ではでは~

クリーニングISEYAシミ抜き修復師オノウエノボル

尾上昇
尾上昇
大阪府吹田市五月ヶ丘北のクリーニングISEYA代表オノウエです。TeMA-クリーニングアドバイザーCA/京技術修染会認定修復師/クリーニング師/と複数の専門資格を習得。

メディア:株式会社商業界発行・ファッション販売2016年12月号にて、衣類のお手入れガイドブックを掲載。

吹田市男女共同参画センターデュオさんにて「プロ直伝 洗濯・アイロンのコツ~男性のための暮らしに役立つ簡単家事術~講座」開催いたしました。

”3度の飯よりシミ抜きが好き” ”休日はシミ抜き勉強会”こんなクリーニング師をはじめとする熟練スタッフが、お客様の”シミ”をお待ちしています。
お客様に喜んで頂く笑顔が一番のやり甲斐です。『うちのクリーニング屋さん』と呼んで下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。