布製リュックの表側やベルト部分等の色褪せが気になる事はありませんか?それ直るかもしれません

布製のリュックは濃色の場合色褪せが出やすいので気になる場合には修正が可能です

はい、布製の製品の場合ですとリュックに限らずバッグ等もそうなのですが、特に濃色の場合には日光や保管時の湿度と温度により色褪せ起こりやすく変色致します。

紺色や黒色の場合には赤っぽくなってしまいますがコレは青色の色素が弱ってしまい最初に無くなってしまったからなんですね。

それで残った赤色が強調されて赤っぽく見えてきます

赤く変色してしまうと見た目には赤色が付いた様に見えますのでしみ抜きで取れると思われがちですが、洗うと取れるシミではなく色の退色による変色ですので【色修正】(染色補正)が必要になってしまうのです。

おはようございますオノウエです。
この場合には無くなってしまった色を足してあげれば元に近い状態に復元出来ると言う事なんですね~♪

 

色が抜けて酷くなってしまったら抜けた色を部分的に染色出来る【色修正】(染色補正)という技術である程度は直せます

抜けて無くなってしまった色を元に戻すには特殊技術である【色修正】(染色補正)を行い、抜けた色を部分染色で足さなくてはなりませんが手間や時間も掛かってしまう為に【色修正】(染色補正)を行うとなりますと技術料金が高く付きます。

この状況になってしまう原因の1つに汚れが付いたままで長時間経ってしまい色素が弱ってしまうと言う事もあるのです。

色素が弱っている状態でお洋服を洗いますと汚れと一緒に色までお洋服から剥がれてしまうという状況が起きてしまいます。

しみ抜きも早めに対応すれば【色修正】(染色補正)ような手間や料金も掛かりません。
ですから早めのクリーニングメンテナンスが必要なんですね!

もしもメンテナンスが間に合わなくても今回の様に色が変色したり褪せてしまっても何とかなるかも知れませんのでお声かけ下さいね♪

ではでは~。

「変色したり色褪せてしまったお品物のご相談はこちら♪」

クリーニングISEYAシミ抜き修復師オノウエノボル

尾上昇
尾上昇
大阪府吹田市五月ヶ丘北のクリーニングISEYA代表オノウエです。TeMA-クリーニングアドバイザーCA/京技術修染会認定修復師/クリーニング師/と複数の専門資格を習得。

メディア:株式会社商業界発行・ファッション販売2016年12月号にて、衣類のお手入れガイドブックを掲載。

メディア:漫画家のふかさくえみさん作「鬼桐さんの洗濯」第2巻の表表紙を開けた裏に参考資料として僕のブログである「onouenoboru.com」を掲載して頂きました。#鬼桐さんの洗濯 #ふかさくえみ 

メディア:吹田市男女共同参画センターデュオさんにて「プロ直伝 洗濯・アイロンのコツ~男性のための暮らしに役立つ簡単家事術~講座」開催いたしました。

”3度の飯よりシミ抜きが好き” ”休日はシミ抜き勉強会”こんなクリーニング師をはじめとする熟練スタッフが、お客様の”シミ”をお待ちしています。
お客様に喜んで頂く笑顔が一番のやり甲斐です。『うちのクリーニング屋さん』と呼んで下さい。