中々厄介なボールペンのインクのシミはクリーニング屋さんでシッカリと状況をお伝えしてピンポイントに取る事をオススメ致します

ボールペンインクのシミ抜きご依頼はほんの少しだけから大量に付いてしまった場合まで毎日ぐらい沢山お受け致します

はい、ボールペンのインク取りのシミ抜きご依頼はしみ抜きするにあたって避けては通れないほど、毎日と言っていいほど沢山お受け致します常連のしみ抜きです。

多量に付いてしまったお洋服からほんの少しだけだけど目立つところに付いてしまった場合など様々です。

ボールペンのインクには基本的に油性と水性がありますがもう一つ、大変落ちにくく滲みにくいインクと言うのが油性と水性の両方の性質を備えたゲルインクです。

ボールペンのインクは当然の事ですが紙に書いた場合には簡単に消えてしまっては困ります。
ですので消えにくい取れにくいインクが当然に使用されている訳ですね。

おはようございますオノウエです。
ですが、その性能はお洋服に付いてしまうとかなり厄介なシミになってしまうんですね~

 

シミ抜きの常連であるボールペンのインクはお洋服に付いてしまった時に何もしなければクリーニング屋さんに依頼した時にもっとも取れやすい状態です

最近の性能の良いボールペンのインクは日に日に簡単には落ちない様に改良されている様です。

特に油性と水性の両方の良いとこ取りであるゲルインクは生地の奥深くまで浸透してしまうと完全には取れない場合もあります。

大事なお気に入りのお洋服にボールペンのインクが付いてしまったら、先ずは素材の書いてあるケアラベル(品質表示)を見てみましょう。

素材によってはテカリのある素材や触りごこちが良い素材の場合ですと、何らかの変化が起きるかも知れませんのでご自分でインクを取ろうとする事はあまりオススメは出来ません。

特にシルクやテンセルや淡色の綿や麻製品でも部分的に触ってしまうと色が抜けたり、生地目が開いたり致しますのでお気を付け下さいませ。

手触りが良い生地という事はそれだけ糸が細く傷つきやすいデリケートな生地とも言えます。

そしてそんな生地の場合は機密性もよく水も浸透しにくいものです。

目の細かい生地は撥水加工等の吹き付け加工がよく効く反面、一度汚れが染み込むとお家で完全に取り除く事が困難な場合があります。

特にボールペンのインクは完全に浸透して乾いてしまうと、プロでも数種類の薬品を使用して様々な方法で除去する方法しかありません。

今回お受けしたお洋服に付いたインクは綺麗に取れました。

もしも自己責任ででもご家庭でのインクシミ抜きをされる時には行う前に一度ご相談下さいね♪

ではでは~。

「ボールペンが付いてしまった時のしみ抜きのご依頼ははコチラ」

クリーニングISEYAシミ抜き修復師オノウエノボル

尾上昇
尾上昇
大阪府吹田市五月ヶ丘北のクリーニングISEYA代表オノウエです。TeMA-クリーニングアドバイザーCA/京技術修染会認定修復師/クリーニング師/と複数の専門資格を習得。

メディア:株式会社商業界発行・ファッション販売2016年12月号にて、衣類のお手入れガイドブックを掲載。

吹田市男女共同参画センターデュオさんにて「プロ直伝 洗濯・アイロンのコツ~男性のための暮らしに役立つ簡単家事術~講座」開催いたしました。

”3度の飯よりシミ抜きが好き” ”休日はシミ抜き勉強会”こんなクリーニング師をはじめとする熟練スタッフが、お客様の”シミ”をお待ちしています。
お客様に喜んで頂く笑顔が一番のやり甲斐です。『うちのクリーニング屋さん』と呼んで下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。