お洋服に付いてしまった水性ペンキは水性だからと言って水で落とす事は出来ません

水性ペンキは液体の状態ならある程度は水で薄める事が出来るので水性と言う表現を使っているのです

はい、先日にお受け致しましたのはお洋服に付いてしまった水性ペンキのしみ抜きでした。
最近ではDIY等で普段にペンキを使う事の無い方が、お家のチョットした修繕や模様替えにペンキを使う事があります。

その時にお受けした時に言われましたのが、
「水性だから水を使えば落ちますよね??、なので水を付けて擦ったら広がってしまいました!!」
との事でした。

確かに水性と聞きますと「水で拭けば消えるから水性なんでしょ」と思われる方が非常に多いんですね。

ココ、
凄く良く勘違いされやすいのですが、水性ペンキの「水性」と言うのは液体の状態であればある程度は水を使って薄める事が出来るので水性と言うんですね。

野外で使う水性ペンキでも乾いたら雨に打たれても、もう溶けたり消えたり致しませんよね。

乾いてしまえば水性も油性も同じです。
もう水が掛かっても取れません。

おはようございますオノウエです。
ちなみに油性ペンキの場合には水で薄める事は出来ませんからペイント薄め液を使いますよ♪

 

水性ペンキは乾いたら水では落ちませんので無理して生地を傷める前にクリーニング屋さんにご相談下さいませ

やはり基本的にはお洋服にペンキが付いてしまいますと、場合によっては取ろうとした時にかなりをダメージがお洋服の生地に与えかねないのです。

今回はポリエステル生地のダウンジャケットでしたので、生地に深くまで浸透しておりませんでしたので綺麗に取る事が出来ました。

ですが、淡色の綿製品や麻製品であったりシルク等のテカリのあるお洋服や、ベロア等の起毛のお洋服の場合にはかなり気を付けないと色や毛が抜けてしまう事もあります。

もしもお家でお洋服に乾くと固まる様なペンキや接着剤等が付いてしまったら、何もせずにペンキや接着剤のしみ抜きの実績のあるクリーニング店へ持って来て頂く事が最善の方法となります。

もしも、お洋服に付いてしまってはダメな物が付いた時にはあきらめて捨ててしまう前に是非シミ抜きの出来るクリーニング屋さんにご相談下さいませ♪

「クリーニングISEYAホームページからのお問い合わせ」

ではでは~

クリーニングISEYAシミ抜き修復師オノウエノボル

尾上昇
尾上昇
大阪府吹田市五月ヶ丘北のクリーニングISEYA代表オノウエです。TeMA-クリーニングアドバイザーCA/京技術修染会認定修復師/クリーニング師/と複数の専門資格を習得。

メディア:株式会社商業界発行・ファッション販売2016年12月号にて、衣類のお手入れガイドブックを掲載。

メディア:漫画家のふかさくえみさん作「鬼桐さんの洗濯」第2巻の表表紙を開けた裏に参考資料として僕のブログである「onouenoboru.com」を掲載して頂きました。#鬼桐さんの洗濯 #ふかさくえみ 

メディア:吹田市男女共同参画センターデュオさんにて「プロ直伝 洗濯・アイロンのコツ~男性のための暮らしに役立つ簡単家事術~講座」開催いたしました。

”3度の飯よりシミ抜きが好き” ”休日はシミ抜き勉強会”こんなクリーニング師をはじめとする熟練スタッフが、お客様の”シミ”をお待ちしています。
お客様に喜んで頂く笑顔が一番のやり甲斐です。『うちのクリーニング屋さん』と呼んで下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。