ジーンズの裾部分は摩擦により変化しやすく色が剥げてきたり致しますのでその時にはご相談下さいませ

ジーンズの裾は摩擦によるスレにより生地が痛んで色が剥げてくる事があります

はい、誰にでもお気に入りの1着はありますよね。
特にジーンズには思い入れが多い方も沢山おられるのではないでしょうか?

勿論デニムの場合ですと、経年劣化が起きて色が変化するのを楽しみながら着用するのも1つの楽しみです。

ただ、長く着用していると普通に汚れや汗によって生地にダメージが発生致します。

久し振りに洗ってみたら汚れが取れるのに伴い、色の染料も古くなって劣化して剥げてしまいますから気に入ってた状態とは感じが変わってしまう事もあります。

おはようございますオノウエです。
濃色のお洋服の色がイメージと違い白っぽくなってしまったら、そんな時にはどうされておりますでしょうか?

 

食べこぼし等の汚れをそのままにして時間が経ってしまいますとシミの成分が腐食して生地や色を変化させてしまいます

色が経年劣化で薄くなっていくのはデザイン的にも味と言う事で問題は無いのですが、部分的にシミが付いたり色が変になってしまった場合等はかなり気になってしまいますよね。

やはり抜けて欲しくない部分の色が抜けてしまうのは嫌なものです。

「ジーンズは洗わなくても大丈夫!」と言う方も多くいらっしゃいますが、洗わなければ生地は丈夫でもやはり縫い糸が痛んで切れてしまったり色の元である色素が傷んで無くなってしまう事もあります。

そうならない様にする為にも毎日で無くてもある程度は定期的にお洗濯をするという事が必要なんですね。

ですが、長時間洗っていないお洋服を急に洗いますと、汚れのダメージが蓄積されている状態ですのでお洗濯をして洗った事が引き金となり劣化した生地や染料が汚れと一緒に剥げ落ちたり致します。

もしも、お家でのお洗濯でお洋服の色が変わってしまったり抜けてしまったら、そんな時にはクリーニング屋さんの特殊技術である色修正をオススメ致します。

今回は気になる裾の色ハゲをお直し致しました♪

お洋服の色が抜けてしまい気に入らない状態になってしまっても、捨ててしまう前にはぜひ色修正(染色補正)の出来るクリーニング屋さんへご相談下さいね。

勿論オノウエもご依頼お受けさせて頂きます!

【遠方からの場合の宅配しみ抜きクリーニング】のご要望はコチラ

ではでは~。

クリーニングISEYAシミ抜き修復師オノウエノボル

尾上昇
尾上昇
大阪府吹田市五月ヶ丘北のクリーニングISEYA代表オノウエです。TeMA-クリーニングアドバイザーCA/京技術修染会認定修復師/クリーニング師/と複数の専門資格を習得。

メディア:株式会社商業界発行・ファッション販売2016年12月号にて、衣類のお手入れガイドブックを掲載。

吹田市男女共同参画センターデュオさんにて「プロ直伝 洗濯・アイロンのコツ~男性のための暮らしに役立つ簡単家事術~講座」開催いたしました。

”3度の飯よりシミ抜きが好き” ”休日はシミ抜き勉強会”こんなクリーニング師をはじめとする熟練スタッフが、お客様の”シミ”をお待ちしています。
お客様に喜んで頂く笑顔が一番のやり甲斐です。『うちのクリーニング屋さん』と呼んで下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。