気が付かない内に付いてしまっているボールペンのインクの色ってお家で取れなくても何とかなるかも知れませんよ

ボールペンのインクのシミは取らない状態で洗ってしまいますと取れにくくなってしまいます

はい、僕もよくやってしまうのですがストラップで首から下げているノック式のボールペンの先を戻すのを忘れてしまいます。

その状態のままでブラブラさせておりますと知らない間に自分のズボンにボールペンのラインが入ってしまったりするんですね。

例えばその状態のままで気にならないからといって、何べんも洗ってしまいますと何回も洗っている内にどんどんインクは取れにくくなってしまうんですね。

取りきれなかったシミは何回もお洗濯している内に、洗剤の負荷が掛かり余計に生地に浸透して変化し取れにくくなってきます。

おはようございますオノウエです。
何度も洗剤にさらされる事によりもっと落ちにくくなってしまうんですね。

 

何をしても取れなかったインクやハンコの朱肉等は特殊シミ抜きで取り除く事が出来るかも知れませんよ

お家やクリーニング店でシミを取ろうお願いしても中々取れないシミってありますよね。

シミの種類によっては同じ工程を何回か繰り返す事で取れるシミもあれば、同じ漂白でも種類の違う漂白剤を使う事で取れたりする事もあります。

そんな何回チャレンジしても取り切れない気になる汚れやシミがあります場合にはこちらまでご相談下さいませ。

今回お預かり致しましたボールペンのインクのシミも綺麗に取る事が出来ました♪
そんな時にはコチラまでご連絡くださいませ♪

「メールでのお問い合わせ」

ではでは〜。

クリーニングISEYAシミ抜き修復師オノウエノボル

尾上昇
尾上昇
大阪府吹田市五月ヶ丘北のクリーニングISEYA代表オノウエです。TeMA-クリーニングアドバイザーCA/京技術修染会認定修復師/クリーニング師/と複数の専門資格を習得。

メディア:株式会社商業界発行・ファッション販売2016年12月号にて、衣類のお手入れガイドブックを掲載。

吹田市男女共同参画センターデュオさんにて「プロ直伝 洗濯・アイロンのコツ~男性のための暮らしに役立つ簡単家事術~講座」開催いたしました。

”3度の飯よりシミ抜きが好き” ”休日はシミ抜き勉強会”こんなクリーニング師をはじめとする熟練スタッフが、お客様の”シミ”をお待ちしています。
お客様に喜んで頂く笑顔が一番のやり甲斐です。『うちのクリーニング屋さん』と呼んで下さい。