ポケット内に滲み出たボールペンのインクは広がらない様にご注意くださいませ

ポケットの中にはボールペンの先部分付きやすくインクがどうしても付いてしまい簡単には取れなくなります

はい、やはりシミ抜きのご依頼で多いのがボールペンのインク取りのご依頼です。

しかし、大体の場合にはお家でお洗濯やシミ抜きを試しても取れなかったり、クリーニング屋さんにシミ抜きでお願いしても取れなかった様なお洋服のご依頼が多いんですね。

因みにポケットの中でインクが大量に出てしまった場合の事をクリーニング屋さんではインクの爆発と言う言い方をするのですが、もしもそんな時にはお家で応急処置等はせずにご相談くださいませ。

おはようございますオノウエです。

実はその状態はとても危険な状態であり、水分やエタノールや除光液を含んだり致しますと爆発的に広がってしまうのでその様に例えるんですねー。

 

慌てて自己処理を行なってしまいますと一気にインクが広がってしまいますので何もしないで触ってしまう前にしみ抜きの出来るクリーニング屋さんにご相談下さいませ

同じ箇所に大量に付いてしまったインクは黒色には見えなくなるんですね。

濃くなりすぎて赤っぽかったり青っぽかったり致します。

この状態の時に水分やエタノールや除光液を付けてしまいますと一気にインクが滲んで生地に広がり、更には近くにあるモノにまでアチコチに付いてしまい大変な事になってしまいます。

その状態になってしまったら取り敢えず陰干しして慎重に乾かしてから、他にインクが移らない様にビニール袋に入れて隔離してからお待ち下さいね。

今回のご依頼は既に滲む事はありませんでしたが、この場合はもう取れないと諦めてしまっていたインクのシミです。

それでもこの様に取り除く事は可能な場合が多いので、是非とも気になる場合にはお声掛け下さいませ。

「ポケットに付いてしまった取れないインクのしみ抜きのお問い合わせ」

ではでは〜。

クリーニングISEYAシミ抜き修復師オノウエノボル

尾上昇
尾上昇
大阪府吹田市五月ヶ丘北のクリーニングISEYA代表オノウエです。TeMA-クリーニングアドバイザーCA/京技術修染会認定修復師/京技術修染会特別認定講師/クリーニング師/と複数の専門資格を習得。

メディア:株式会社商業界発行・ファッション販売2016年12月号にて、衣類のお手入れガイドブックを掲載。

メディア:漫画家のふかさくえみさん作「鬼桐さんの洗濯」第2巻と第3巻の表表紙を開けた裏に参考資料として僕のブログである「onouenoboru.com」を掲載して頂きました。
ハッシュタグは「 #鬼桐さんの洗濯 」「 #ふかさくえみ 」 で検索。

メディア:吹田市男女共同参画センターデュオさんにて「プロ直伝 洗濯・アイロンのコツ~男性のための暮らしに役立つ簡単家事術~講座」開催いたしました。

”3度の飯よりシミ抜きが好き” ”休日はシミ抜き勉強会”こんなクリーニング師をはじめとする熟練スタッフが、お客様の”シミ”をお待ちしています。
お客様に喜んで頂く笑顔が一番のやり甲斐です。『うちのクリーニング屋さん』と呼んで下さい。