ポケットの底に付いている何べん洗っても取れないインクのシミが気になる方それ取れるかも知れません

 

シャツの胸ポケットの底に付いてしまった諦めていたインクの色って取れる事が可能かも知れません

はい、もう諦めてしまっているワイシャツのポケットの中に付いている黒色や赤色のインクのシミってありませんか?

ワイシャツの胸ポケットにペンを入れておりますと、ノック式のボールペンの先を戻すのを忘れてしまいそのままポケットにインしてしまいポケットの底が黒くなったり赤くなったり致します。

ポケット内は生地が何重にも重なっておりますので実は洗っても中々取れにくいんですね。

細かいゴミやタバコを吸われる方でしたらタバコの葉っぱなどもポケット内に溜まりやすく、それに水分が加わってしまいますと茶色などの色が出てしまいます。

そう致しますと洗浄した時にはいわゆる草木染の様な状態になってしまい、色が出てきて乾いた時には生地に定着してしまい中々取れにくい状態になってしまいます。

おはようございますオノウエです。
その後何べん洗っても中々取れなくて結局はそのまま放置してしまい諦めて着用を続けるという感じになってしまいます。

でも、それが取れれば嬉しいですよね♪

 

付いてしまったインクをそのままにお洗濯を繰り返していると取れない汚れにドンドンと洗剤の不可が掛かり余計に浸透して変化し取れにくくなってきます

長年こびりついたまま何回もそのままお洗濯しておりますと、何度も洗剤にさらされる事によりもっと落ちにくくなっています。

ペンのインク以外にもハンコの朱肉等も同じです。

取れないからと言ってもやはり気になるポケットの底ですから、そんな頑固なシミでも諦めるのはまだ早いですよ♪

今回の赤いインクも殆ど分からないぐらいに取る事が出来ました♪

お家では中々対応出来ないシミや取り切れないシミが気になる場合にはこちらまでご相談下さいませ。

【遠方の場合の衣替えの染み抜きのご相談はこちらです】

ではでは〜。

クリーニングISEYAシミ抜き修復師オノウエノボル

尾上昇
尾上昇
大阪府吹田市五月ヶ丘北のクリーニングISEYA代表オノウエです。TeMA-クリーニングアドバイザーCA/京技術修染会認定修復師/クリーニング師/と複数の専門資格を習得。

メディア:株式会社商業界発行・ファッション販売2016年12月号にて、衣類のお手入れガイドブックを掲載。

メディア:漫画家のふかさくえみさん作「鬼桐さんの洗濯」第2巻の表表紙を開けた裏に参考資料として僕のブログである「onouenoboru.com」を掲載して頂きました。#鬼桐さんの洗濯 #ふかさくえみ 

メディア:吹田市男女共同参画センターデュオさんにて「プロ直伝 洗濯・アイロンのコツ~男性のための暮らしに役立つ簡単家事術~講座」開催いたしました。

”3度の飯よりシミ抜きが好き” ”休日はシミ抜き勉強会”こんなクリーニング師をはじめとする熟練スタッフが、お客様の”シミ”をお待ちしています。
お客様に喜んで頂く笑顔が一番のやり甲斐です。『うちのクリーニング屋さん』と呼んで下さい。