アクリル絵の具を取ろうとして余計にお洋服にアクリル絵の具が浸透してしまったり色が変化してしまった

家では何をしても取れないお洋服に付いてしまったペンキやアクリル絵の具などの塗料は実は落とせるかも知れませんよ

はい、お家でのお洗濯にてお子様のブラウスなどに付いてしまったしアクリル絵の具を取ろうとしても中々取れなかった事はありませんでしょうか?

ある程度はお家でもアクリル絵の具を取る事は可能なのですが、その時に取りきれなかった時には余計にお洋服にアクリル絵の具が浸透してしまったり色が変化してしまったり致します。

そうなってしまいますとかなり厄介なシミになってしまうんですね。

普段の普通に生活している状態ではお洋服にペンキが付いてしまうシチュエーションはほとんどありませんが、意外と多いシミ抜きのご依頼がのがペンキやアクリル絵の具などの塗料が付いてしまったと言うトラブルです。

おはようございますオノウエです。

そんな時には是非ともご相談くださいませ♪

 

お家では取りきる事が出来なかったアクリル絵の具は油性処理不足が原因です。

お家で中々取れないアクリル絵の具の原因の1つに油成分を取り除く油性のシミ抜き処理が不足していると言う事があります。

更に生地を擦ってしまいますとアクリル絵の具が繊維の中にまで浸透してしまったり、色が変化してしまう場合があります。

ですが、お家ではアクリル絵の具を取る事が出来なくても、しみ抜きの出来る技術と薬品とシミ抜き用の機械があるクリーニング屋さんなら生地にも寄りますがほとんどの場合はアクリル絵の具のしみ抜きは9割は取れると思います。

もしもお近くのクリーニング屋さんで断られましたらご連絡下さいませ♪

【アクリル絵の具の染み抜きのご相談はこちらまでご連絡くださいませ】
コチラまでメール下さいね♪

ではでは~

クリーニングISEYAシミ抜き修復師オノウエノボル

尾上昇
尾上昇
大阪府吹田市五月ヶ丘北のクリーニングISEYA代表オノウエです。TeMA-クリーニングアドバイザーCA/京技術修染会認定修復師/クリーニング師/と複数の専門資格を習得。

メディア:株式会社商業界発行・ファッション販売2016年12月号にて、衣類のお手入れガイドブックを掲載。

メディア:漫画家のふかさくえみさん作「鬼桐さんの洗濯」第2巻の表表紙を開けた裏に参考資料として僕のブログである「onouenoboru.com」を掲載して頂きました。#鬼桐さんの洗濯 #ふかさくえみ 

メディア:吹田市男女共同参画センターデュオさんにて「プロ直伝 洗濯・アイロンのコツ~男性のための暮らしに役立つ簡単家事術~講座」開催いたしました。

”3度の飯よりシミ抜きが好き” ”休日はシミ抜き勉強会”こんなクリーニング師をはじめとする熟練スタッフが、お客様の”シミ”をお待ちしています。
お客様に喜んで頂く笑顔が一番のやり甲斐です。『うちのクリーニング屋さん』と呼んで下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。