濃色でも淡色でもお洋服の色が一部だけ抜けてしまいますと気になりますし結構目立ってしまいます

お洋服のポケット周りは等は手の出し入れの頻度が多く摩擦や皮脂汚れにより生地や色が変化しやすくなりどうしても色が剥げてきたり致します

はい、お洋服の使用により擦れや皮脂の汚れで色が劣化して薄くなってしまったり色が抜けてしまったりする事は着用している限りは起こりますよね。

でもそれ以外にも、突発的に塩素系漂白剤等がスーパーや飲食店のお手洗いや公衆トイレに入った時に壁や床に擦れてしまい付いてしまったり、自宅のトイレやお風呂のお掃除時に跳ね返りがお洋服に付いてしまったりして色抜けが発生する事があります。

大体の場合にはその時点では色の変化が起きないので気が付きにくいですが、生地に付いた漂白剤が乾いてしまいその後に時間が経った時に色が変色していたり抜けていたりする事に気が付きます。

おはようございますオノウエです。
もしもその様な色抜けや変色が起こってしまった場合でも実は京都に昔からある、ある技術を使えば現状よりも目立たなくする事が可能なんです。

その技術とは着物等の色柄のお直しに使われている特殊技術でして、「色修正(染色補正)」と言う特殊技術なんですね♪

 

ピンポイントで生地が色抜けしてしまう事は中々ありませんがそんな時でもクリーニング屋さんの特殊技術である「色修正(染色補正)」で着用レベルまで直してもらいましょう

色が抜けてしまっているという状況はどういう事かといいますと、漂白剤の作用の力で生地の表面の毛羽が薄く溶けてしまいその溶けてしまった生地の表面の一番上に乗っていた色(色素)が無くなってしまったという状況なんですね。

ですので色(色素)が無くなってしまった生地の繊維の表面の状況は、薄く毛羽が溶けてしまっているので糸はツルツルになってしまっています。
この状態ですと中々染料も生地に浸透しにくく滑ってしまい色(色素)が付きにくい状態ですので完全には中々戻りません。

でも、もしもお家でのお洗濯で生地や色(染料)の劣化により起こってしまった色移りや色褪せでも、ある程度はこの「色修正(染色補正)」の技術で直す事が可能ですのでお気に入りのお洋服や大事なお洋服の場合でしたら特にご相談くださいね♪

今回はちょっとカメラの加減で変色部分がぼやけて色が変に写ってしまいましたが、今回お受けしたベージュのパンツのポケット部分の色抜けは色修正(染色補正)で殆ど見えにくくなりました。

これでまた着用出来ますよね♪

捨ててしまう前に是非一度信頼のおけるクリーニング屋さんへご相談下さいね♪

【遠方からの場合の宅配しみ抜きクリーニング】のご要望はコチラ

ではでは~。

クリーニングISEYAシミ抜き修復師オノウエノボル

尾上昇
尾上昇
大阪府吹田市五月ヶ丘北のクリーニングISEYA代表オノウエです。TeMA-クリーニングアドバイザーCA/京技術修染会認定修復師/クリーニング師/と複数の専門資格を習得。

メディア:株式会社商業界発行・ファッション販売2016年12月号にて、衣類のお手入れガイドブックを掲載。

メディア:漫画家のふかさくえみさん作「鬼桐さんの洗濯」第2巻の表表紙を開けた裏に参考資料として僕のブログである「onouenoboru.com」を掲載して頂きました。#鬼桐さんの洗濯 #ふかさくえみ 

メディア:吹田市男女共同参画センターデュオさんにて「プロ直伝 洗濯・アイロンのコツ~男性のための暮らしに役立つ簡単家事術~講座」開催いたしました。

”3度の飯よりシミ抜きが好き” ”休日はシミ抜き勉強会”こんなクリーニング師をはじめとする熟練スタッフが、お客様の”シミ”をお待ちしています。
お客様に喜んで頂く笑顔が一番のやり甲斐です。『うちのクリーニング屋さん』と呼んで下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。