ピンポイントで色が抜けてしまいますと結構目立ってしまいますが特殊技術で見えにくくする事は出来るかも知れませんよ

お洋服の色が一部だけ抜けて目立ってしまいましたがどうにかする事は可能ですか?

はい、いくら単色系のお洋服でもやはりピンポイントで色が抜けたりしていますと当然の事ながら気になりますよね。

でも、汚れが付いてシミが付いて取るのとは違いますのでお家ではどうしようもありません。。

そこで!クリーニング屋さんではこの様な色が抜けてしまったお洋服に対する特殊技術があるんですね♪
その特殊技術の事を「色修正(染色補正)」と言います。

しかしその「色修正(染色補正)」も万能ではありませんので生地が傷んでいたり致しますとうまくいかない事もあります。

お洋服のポケット周りは等は手の出し入れの頻度が多く、摩擦や皮脂汚れにより生地や色が変化しやすくなりどうしても色が剥げてきたり致します。

擦れ等が発生していなくても皮脂汚れが付いている状態をそのままにして油汚れを取る為のお洗濯を怠っておりますと、その部分に付いている汗や汚れが劣化して部分的に生地の色が変わったり抜けたり致します。

その他にも今回お預かりいたしましたお洋服の様に、ピンポイントで色が抜けてしまいますと結構目立ってしまうんですね。

実はスーパーや飲食店のお手洗いや公衆トイレ等ではお掃除に塩素系の漂白剤を使っている事が多いんですね。

その為に、便器周りや壁面等に完全に乾ききれていない漂白剤が付いている場合には、お洋服が擦れてしまい知らない間に色が抜けてしまったりする事も発生致します。

おはようございますオノウエです。
ピンポイントで塩素抜けしてしまう事は中々ありませんが、そんな時でもクリーニング屋さんの特殊技術である色修正(染色補正)で着用レベルまで直してもらいましょう♪

 

お洗濯をしてもシッカリと脂成分が落ち切れておりませんと成分はお洋服に残りさらにその成分が凝縮されて変化を起こし色(染料)が劣化してしまいます

お洋服を洗わずに長時間保管して色が傷んでしまっている状態ですと、傷んでしまった色が洗った拍子に特に濃色のお洋服は全体的に色褪せが起こりやすいです。

生地の色(染料)が剥げ落ちたりする現象は、その殆どの場合がお洋服の生地に取り切れない食べこぼし等の汚れが付いてしまった状態で時間が経ち酸化して色素が劣化した事が原因なのです。

ただ、分かりにくくて目には見えません。

殆どの場合には生地や色(染料)が痛んで剥げ落ちたりする現象の根本的な原因は、取り切れなかった汗や皮脂汚れ等の脂分の汚れにより生地にダメージが蓄積してしまったからですので、とりあえずは「着用したら洗う」事が重要になるんですね。

今回お受けした淡色のパンツの色が部分的に抜けてしまった色剥げの修正も綺麗に色修正出来ました。
また着ていただけると嬉しいですよね♪

もしもお家でのお洗濯で生地や色(染料)の劣化により起こってしまった色移りや色褪せでも、クリーニング屋さんの特殊技術である色修正(染色補正)である程度は直す事が可能なんです。

捨てる前にぜひ一度信頼のおけるクリーニング屋さんへご相談下さいね♪

お家のお洗濯でお困りの際や他店にお願いしてもダメだったお洋服でも、特殊技術である色修正(染色補正)の出来るクリーニング屋さんなら何とか出来るかも知れませんからね。

【遠方からの場合の宅配しみ抜きクリーニング】のご要望はコチラ

ではでは~。

クリーニングISEYAシミ抜き修復師オノウエノボル

尾上昇
尾上昇
大阪府吹田市五月ヶ丘北のクリーニングISEYA代表オノウエです。TeMA-クリーニングアドバイザーCA/京技術修染会認定修復師/クリーニング師/と複数の専門資格を習得。

メディア:株式会社商業界発行・ファッション販売2016年12月号にて、衣類のお手入れガイドブックを掲載。

メディア:漫画家のふかさくえみさん作「鬼桐さんの洗濯」第2巻の表表紙を開けた裏に参考資料として僕のブログである「onouenoboru.com」を掲載して頂きました。#鬼桐さんの洗濯 #ふかさくえみ 

メディア:吹田市男女共同参画センターデュオさんにて「プロ直伝 洗濯・アイロンのコツ~男性のための暮らしに役立つ簡単家事術~講座」開催いたしました。

”3度の飯よりシミ抜きが好き” ”休日はシミ抜き勉強会”こんなクリーニング師をはじめとする熟練スタッフが、お客様の”シミ”をお待ちしています。
お客様に喜んで頂く笑顔が一番のやり甲斐です。『うちのクリーニング屋さん』と呼んで下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。