長い間ずっと取れなかったポケットの底のインクシミでも取り除く事が可能かも知れませんよ

諦めてしまいがちなシャツのポケットの底に付いたボールペンインクも取り除く事が出来るかも知れませんのでご相談下さいませ

はい、毎日着用するシャツやブラウスのポケットの中に付いているシミって気にした事はございませんでしょうか?

特にお家でのお洗濯やクリーニング屋さんで染み抜きしても取り切れなかったボールペンインクが、ポケットの底に付いたままになって諦めてしまいそのままになっている事が非常に多いんですね。

その状態はお洋服の色に白が入った淡色系のシャツやブラウスですと実は結構目立ったり致します。

何度洗っても取れない様なシミは完全に生地に浸透しており、変質して既にかなり取れにくくなっている場合が多く通常の油性しみ抜きや漂白では全く動かない事が多いんですね。

そんな時には特殊な薬品を使用した染み抜きが必要になります!

おはようございますオノウエです。
もう取れないと諦めていたシャツやブラウスにずっと付いているインクの染みでも、その殆どの場合は特殊なシミ抜きによって着用レベルまでシミを薄くする事が可能なんですね♪

 

ポケットの底辺りにインクが滲んでいた場合には表の生地には少ししかインクが付いて無い様に見えますがポケットの中の内側の見えない部分には大量にインクが付いている可能性があります

表の生地からの見た目には点の様なインクの染みでもひっくり返して裏側を見てみますと、ポケットの底の内部にはインクが沢山付いている事があるんですね。

裏側のちょうど縫い目の余った生地の部分にも表からは見えませんがインクが付いている場合があります。

インクの染みは見た目以上に広がっていたり濃かったり致しますのでいじってしまうと余計にひどくなる事がほとんどですから注意して取り扱いたいですね。

今回の場合も表側からと裏側からの特殊な薬品を使用した部分染み抜きでかなり取り除く事が出来ました。

もしインクが大量に付いているのが分かったらその場合は水が付いたり洗剤を付けたり致しますと大量に滲んで出てきますので要注意です。

大量に付いたインクのはご自分で何とかしようとする前に迷わずご相談くださいませ。

「お家でのお洗濯やクリーニング屋さんでの染み抜きではシミが落ちなかったシミでもお預かりしております」

よろしくお願いいたします♪

ではでは~。

クリーニングISEYAシミ抜き修復師オノウエノボル

尾上昇
尾上昇
大阪府吹田市五月ヶ丘北のクリーニングISEYA代表オノウエです。TeMA-クリーニングアドバイザーCA/京技術修染会認定修復師/京技術修染会特別認定講師/クリーニング師/と複数の専門資格を習得。

メディア:株式会社商業界発行・ファッション販売2016年12月号にて、衣類のお手入れガイドブックを掲載。

メディア:漫画家のふかさくえみさん作「鬼桐さんの洗濯」第2巻と第3巻の表表紙を開けた裏に参考資料として僕のブログである「onouenoboru.com」を掲載して頂きました。
ハッシュタグは「 #鬼桐さんの洗濯 」「 #ふかさくえみ 」 で検索。

メディア:吹田市男女共同参画センターデュオさんにて「プロ直伝 洗濯・アイロンのコツ~男性のための暮らしに役立つ簡単家事術~講座」開催いたしました。

”3度の飯よりシミ抜きが好き” ”休日はシミ抜き勉強会”こんなクリーニング師をはじめとする熟練スタッフが、お客様の”シミ”をお待ちしています。
お客様に喜んで頂く笑顔が一番のやり甲斐です。『うちのクリーニング屋さん』と呼んで下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。