ペンキやインクのシミが付いた時にどうして良いか分からない場合には焦らず触らず先ずはご相談下さいませ

古いお洋服の場合には応急処置の方法に依ってはダメージが発生して劣化している色(色素・染料)が剥げてしまい白っぽくなってしまう事もあります

はい、もしもお洋服にペンキやインクのシミが付いてしまった時にはどうされておりますでしょうか?

大体の場合にはその場にあったティッシュ等に水を付けてゴシゴシと擦ってしまったり、お家に帰って洗剤を付けてはたまたゴシゴシと擦って落とそうとされる事が非常に多いのです。

その方法ですと薄くはなる可能性はありますがシミが広がってしまったり、最悪の場合には生地にダメージが発生して弱っている色(色素・染料)が剥げたり生地の糸がささくれたりしてしまい白っぽくなってしまう事もあるんですね。

おはようございますオノウエです。
この様なお洋服にダメージを与えてしまう対応は出来れば避けたいので、ペンキやインクのシミが付いた時にどうして良いか分からない場合には是非ともお声掛け下さいませ♪

 

お洋服に付いてしまったペンキやポスターカラーやインクのシミは何も触っていない状態の方が染み抜きのプロにとっては落としやすい状態なのです

学生服やユニフォーム等は長く着用する事が前提で作られておりますので、ウオッシャブルウールやポリエステル混の素材で生地自体も丈夫に出来ている事が多く物理的なダメージにもかなり耐久性があるんですね。

ですがウールのスーツ等は毎日着用する方も多いとは思いますが、基本的にはご家庭でのお洗濯には対応していない生地で作られておりますのでかなりデリケートなのです。

今回の様なピンポイントで付いてしまったシミの場合には、ピンポイントでその部分だけを擦ってしまいますと弊害の出る可能性が非常に高くなってしまいます。

クリーニング屋さんでは擦るという行為は染み抜きの場合には出来るだけ致しません。

全体的な汚れを取り除く場合に行う物理的に汚れを取り除く方法は、丈夫な白い生地の綿素材等や場合に限られてきます。

薬品の化学反応を利用してシミを溶かして取り除く方法が一番生地を傷めにくい方法ですので、染み抜きの場合には薬品を生地に塗り込む程度には撫でる事もありますが決して擦ったりはしないんですね。

今回お預かりいたしましましたお洋服ですがダメージ等が発生して生地を傷める事も無くスムーズにしみ抜きを行い綺麗に取り除く事が出来ました。

生地にダメージが発生して色(染料・色素)にダメージがある状態でお洗濯やクリーニングを行いますとクリーニングして洗った事が引き金となり劣化した染料が流れたりする事があります。

もしもお洋服の色が変わってしまったり抜けてしまってもその状態によっては、色(染料・色素)回復の特殊技術である色修正(染色補正)を行えば回復して捨てずにまだまだ着る事が出来ますのでご相談下さいね。

【遠方からの場合の宅配しみ抜きクリーニング】のご要望はコチラ

ではでは~。

クリーニングISEYAシミ抜き修復師オノウエノボル

尾上昇
尾上昇
大阪府吹田市五月ヶ丘北のクリーニングISEYA代表オノウエです。TeMA-クリーニングアドバイザーCA/京技術修染会認定修復師/クリーニング師/と複数の専門資格を習得。

メディア:株式会社商業界発行・ファッション販売2016年12月号にて、衣類のお手入れガイドブックを掲載。

メディア:漫画家のふかさくえみさん作「鬼桐さんの洗濯」第2巻の表表紙を開けた裏に参考資料として僕のブログである「onouenoboru.com」を掲載して頂きました。#鬼桐さんの洗濯 #ふかさくえみ 

メディア:吹田市男女共同参画センターデュオさんにて「プロ直伝 洗濯・アイロンのコツ~男性のための暮らしに役立つ簡単家事術~講座」開催いたしました。

”3度の飯よりシミ抜きが好き” ”休日はシミ抜き勉強会”こんなクリーニング師をはじめとする熟練スタッフが、お客様の”シミ”をお待ちしています。
お客様に喜んで頂く笑顔が一番のやり甲斐です。『うちのクリーニング屋さん』と呼んで下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。