キャップの場合は頭に直接かぶる事から汗や皮脂の汚れはダイレクトに付いてしまい色素が傷んでしまうのが早いです

※既にネームの周りだけ先に色修正(染色補正)している途中の画像です

ついついヘビロテになりがちなお気に入りのブランドキャップですが色が褪せてしまう事が多くそのまま捨てられてしまう場合も多いです

はい、最近は立て続けにお受けしておりますお仕事がこの色褪せたブランドキャップの修正です。
その他にも保管中にカビが付いてしまいどうしようも無くなってしまったとのご依頼もお受けいたしました。

カビの場合にはカビを取り除いた後で多少の色剥げが発生している場合には部分色修正でお直し致します。
殆どの場合には修正してまた使用して頂ける様に直るんですね。

プレミアも付いてピンキリですが、シュプリームのキャップで購入価格が15000円から30000円ぐらいの価格でして、バレンシアガの場合には30000円から80000円ぐらいの価格で販売されております。

中には人気のキャップですので偽物も多く出回っているらしくその見分け方もネットでは色々と乗っておりますね。

おはようございますオノウエです。
基本的にはキャップは洗濯表示に水洗いがオッケーとなっている事も多く、その場合でしたら着用すれば出来るだけ軽くでも水洗いして汗の汚れを抜いてメンテナンスしたいですね。

 

キャップの色は着用後にメンテナンスをせずそのまま放置して時間が経てば必ず色素が傷んでしまいいずれは変色してしまいます

身の回りに着用する種類の小物としてはネクタイに匹敵するぐらいキャップは洗濯頻度が低いんですね。

お値段も今回お預かりした様なシュプリーム やバレンシアガ等のブランドキャップでなければ、色修正してまでお直ししなくてもその技術料金を掛ける代金で買い替える選択肢もあります。

ちなみにキャップの色修正(染色補正)のお値段は基本的にはその状態にもよりますが6000円前後となります。
今回のバレンシアガは税込み価格で6600円でした。

6600円出すのなら少し足して新しいキャップを買い替える選択肢もありますが、お気に入りのキャップや頂き物のキャップ等で思入れのあるお品物でしたらそうはいきませんよね。

そんな時には是非ともキャップの色修正(染色補正)をおススメ致します。

お家でのお洗濯が出来る表示のキャップであれば水にサッと通すだけでも汗の成分を取り除く事は可能ですので、お家で洗えるキャップの場合でしたら出来るだけ洗う事をオススメ致します。

既に色が傷んでいる場合にはお家で洗った時に既に傷んでしまっている色が抜けてしまい、変色を起こして色褪せの状況が発生する事もありますのでその時にはどうぞご相談下さいませ。

また着用出来る様になったら嬉しいですよね♪

【色褪せてしまったキャップのご相談はこちらまでご連絡くださいませ】

ではでは~。

クリーニングISEYAシミ抜き修復師オノウエノボル

尾上昇
尾上昇
大阪府吹田市五月ヶ丘北のクリーニングISEYA代表オノウエです。TeMA-クリーニングアドバイザーCA/京技術修染会認定修復師/クリーニング師/と複数の専門資格を習得。

メディア:株式会社商業界発行・ファッション販売2016年12月号にて、衣類のお手入れガイドブックを掲載。

メディア:漫画家のふかさくえみさん作「鬼桐さんの洗濯」第2巻と第3巻の表表紙を開けた裏に参考資料として僕のブログである「onouenoboru.com」を掲載して頂きました。
ハッシュタグは「 #鬼桐さんの洗濯 」「 #ふかさくえみ 」 で検索。

メディア:吹田市男女共同参画センターデュオさんにて「プロ直伝 洗濯・アイロンのコツ~男性のための暮らしに役立つ簡単家事術~講座」開催いたしました。

”3度の飯よりシミ抜きが好き” ”休日はシミ抜き勉強会”こんなクリーニング師をはじめとする熟練スタッフが、お客様の”シミ”をお待ちしています。
お客様に喜んで頂く笑顔が一番のやり甲斐です。『うちのクリーニング屋さん』と呼んで下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。