お洋服に付いてしまった墨汁のシミは最初の処理段階で出来るだけ落とし切る事が重要です

何回洗っても色んな方法を試しても触れば触るほど落とせないシミになってしまうのが墨汁です

はい、実は墨汁のシミは1度生地に浸透してしまいますと、何をしても取りにくい厄介なシミなんですね。

ある程度は取れたとしても、最終的には黒い汚れが取り切れずに最後まで残ってしまう事が多いのが墨汁のシミです。

その原因は、水にも油にも溶けない固形のミクロの黒い粒子が生地の中に入り込んでしまっているからなんです。

この水にも油にも溶けないカーボンやスス(煤)と言われる固形のミクロの黒い粒子は、最近の落ちにくいボールペンのインクにも使用されております。

おはようございますオノウエです。

ですので、染料で出来ている墨ではなく、本物の墨汁や特定のボールペンのシミは取れにくいのです。

 

墨汁が取れない原因の1つは初期段階での対応の方法にも原因がある場合があります

墨やインクを取り除こうとして擦ったりする事で、生地の糸の中にミクロの粒子をねじ込んでしまう事が原因の1つです。

生地に使用されている糸は細い繊維の集合体ですので、その繊維の隙間に入り込んでしまいますと非常に厄介なのです。

墨汁やインクを取り除く為には先ずは最初の処理の段階で、それ以上に繊維の中に入り込まない様にシッカリと繊維から浮かせて取り除く必要があります。

その墨汁やインクを取り除く為の専用の機械と、薬品と取り除く方法を行う知識がシミ抜きの得意なクリーニング屋さんにはあるんですね。

墨汁やインクが付いてしまってから何も触っていない様な状態の時には、まだ何もしていないので生地や繊維に浸透していない状態にあります。

まだ生地の上に墨汁やインクが乗っかっている状態で固まってしまった状態なのです。

その状態で持って来て頂ければ、なお綺麗に取り除ける可能性が高くなりますのでご相談くださいませ。

ちなみにヘアカラーもシミとしての扱いとしては同じぐらい厄介ですので、その時にも是非ともご相談下さい。

お問い合わせはこちらまで〜。

「クリーニングISEYAのメールフォームからの問い合わせ」

ライン@(ID=@iseya)でのお問い合わせも可能です。

その場合には全体画像とシミの付いた気になる部分の画像と、どんなシミ抜きやお洗濯の処理をしたかを書いて送って頂けますと無料にてお見積り致します。

ではでは〜。

クリーニングISEYAシミ抜き修復師オノウエノボル

尾上昇
尾上昇
大阪府吹田市五月ヶ丘北のクリーニングISEYA代表オノウエです。TeMA-クリーニングアドバイザーCA/京技術修染会認定修復師/京技術修染会特別認定講師/クリーニング師/と複数の専門資格を習得。

メディア:株式会社商業界発行・ファッション販売2016年12月号にて、衣類のお手入れガイドブックを掲載。

メディア:漫画家のふかさくえみさん作「鬼桐さんの洗濯」第2巻と第3巻の表表紙を開けた裏に参考資料として僕のブログである「onouenoboru.com」を掲載して頂きました。
ハッシュタグは「 #鬼桐さんの洗濯 」「 #ふかさくえみ 」 で検索。

メディア:吹田市男女共同参画センターデュオさんにて「プロ直伝 洗濯・アイロンのコツ~男性のための暮らしに役立つ簡単家事術~講座」開催いたしました。

”3度の飯よりシミ抜きが好き” ”休日はシミ抜き勉強会”こんなクリーニング師をはじめとする熟練スタッフが、お客様の”シミ”をお待ちしています。
お客様に喜んで頂く笑顔が一番のやり甲斐です。『うちのクリーニング屋さん』と呼んで下さい。