水性インクがお洋服に付いた場合には油性に比べて色が定着しやすく水性の方が油性よりも落ちにくいのです

水性インクがお洋服に付いた場合には油性に比べて色が定着しやすく水性の方が油性よりも落ちにくいのです

はい、紙等に書いた場合には油性のマジックやボールペンの方が落ちにくいイメージで、水性は水で落ちそうなイメージなので水で洗えば取れると思われがちです。

ですが、ここで言う油性や水性と言うのは落とす時に油や水を使えば取れるという意味ではありません。

ザックリと説明いたしますと製造の段階で油性は水を一切使用せずに油を使って薄めて作られるのが油性で水性は水を使って薄めて作られるので水性なのです。

ですので水性ペンキ等は液体の状態であれば水で薄める事が出来るので水性なんですね。

おはようございますオノウエです。

そして両方共に乾いてしまいますと取れにくくなりますが、実はお洋服に付いてしまった場合には水性の方が断然に取れにくいのです!

 

油性のインクより水性のインクの方がインクに水性って書いているので水で落ちると思われがちですがそれは勘違いです

という訳で、油性のインクより水性のインクの方が水を使えば落ちるというのは勘違いなんですね。

水を一切使わずに油のみで色を溶かし込んだものが油性で、水を使って色を溶かし込んだものを水性と言います。

ちなみに水性には油も何割か使われている事が有りますので、その場合には油と水のハイブリッドという事になります。

そして水性と同じくハイブリッドも水性のくくりですのでお洋服には付いた場合には落ちにくいんですね。

もしもお洋服にインクが付いてしまった時には、付いてしまったインクが油性か水性か教えて頂けますと心構えが出来ますので非常に助かります♪

特に原料の中にゲルインクや水性顔料インク等が入っておりますと更に取れにくくなってしまいますので、お洋服にインクが付いた場合にはあきらめて捨ててしまう前に是非共ご相談下さいね♪

【全国郵送対応の染み抜きご相談はこちらまで】

ではでは~。

クリーニングISEYAシミ抜き修復師オノウエノボル

尾上昇
尾上昇
大阪府吹田市五月ヶ丘北のクリーニングISEYA代表オノウエです。TeMA-クリーニングアドバイザーCA/京技術修染会認定修復師/京技術修染会特別認定講師/クリーニング師/と複数の専門資格を習得。

メディア:株式会社商業界発行・ファッション販売2016年12月号にて、衣類のお手入れガイドブックを掲載。

メディア:漫画家のふかさくえみさん作「鬼桐さんの洗濯」第2巻と第3巻の表表紙を開けた裏に参考資料として僕のブログである「onouenoboru.com」を掲載して頂きました。
ハッシュタグは「 #鬼桐さんの洗濯 」「 #ふかさくえみ 」 で検索。

メディア:吹田市男女共同参画センターデュオさんにて「プロ直伝 洗濯・アイロンのコツ~男性のための暮らしに役立つ簡単家事術~講座」開催いたしました。

”3度の飯よりシミ抜きが好き” ”休日はシミ抜き勉強会”こんなクリーニング師をはじめとする熟練スタッフが、お客様の”シミ”をお待ちしています。
お客様に喜んで頂く笑顔が一番のやり甲斐です。『うちのクリーニング屋さん』と呼んで下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。