油性のインクより水性のインクの方が水を使えば落ちると思われがちなのですが実は違います

ボールペンのインクの種類によってはお洋服の生地に付いた時に落ちにくさが変わってきます

はい、一口にボールペンのインクと言っても種類があるのですが、大きく分けますと油性インクと水性インクとゲルインクインクの3種類あります。

油性インクは皆さまご存じの通り落ちにくいインクの代表格ではありますが、実はお洋服の生地に付いてしまった場合には水性インクの方が落ちにくいインクなのです。

その原因は製造の段階の違いにあります。

油性インクは水を一切使用せずに油を使って薄めて作られるのが油性であり、水性インクは製造の段階で油も使用してますが水を使っても薄めて作られるので水性なのです。

水性インクは水で取れるから水性という事ではないんですね~。

おはようございますオノウエです。

ですので水性インクの方が水に対しての耐性が強く、お洗濯やクリーニングという観点から考えますと非常に相性が悪く落ちにくいんですね。

 

水性インクの方がお洋服に付いてしまいますと圧倒的に落ちにくいのですが更にゲルインクはもっと落ちにくいインクなのです

最近では落ちにくいインクの代表格になっているぐらいに使用されているゲルインクは、油性と水性のその両方の良いトコ取りをして更に顔料(水にも油にも溶けない不溶性のもの)も加えた最も落ちにくいインクなのです。

もしもそんな落ちにくいインクが大量にお洋服に付着した場合には着用レベルまでご自宅での対応するのは至難の業です。

そんな時には逆に触ってしまいますと余計に広がってしまいますので触らずにお持ちくださいませ。

今回のお洋服の生地には黒のインクの他にも赤のインクも付いておりそれぞれの特殊染み抜き処理方法も違う方法で取り除きました。

お家で取れなかったインクでもシミ抜き技術の高いクリーニング屋さんなら、ほとんどの場合は着用出来るレベルまではもっていけますのでご安心下さいませ。

もしも応急処置やお家での染み抜きやクリーニング屋さんでの染み抜きで落ちきれなかった頑固なシミの場合でもご相談下さいね。

ではでは~。

「お家や他店ではシミが落ちなかったお洋服のシミのお問い合わせはこちらです」

クリーニングISEYAシミ抜き修復師オノウエノボル

尾上昇
尾上昇
大阪府吹田市五月ヶ丘北のクリーニングISEYA代表オノウエです。TeMA-クリーニングアドバイザーCA/京技術修染会認定修復師/京技術修染会関西地域認定講師/クリーニング師/と複数の専門資格を習得。

メディア:株式会社商業界発行・ファッション販売2016年12月号にて、衣類のお手入れガイドブックを掲載。

メディア:漫画家のふかさくえみさん作「鬼桐さんの洗濯」第2巻と第3巻の表表紙を開けた裏に参考資料として僕のブログである「onouenoboru.com」を掲載して頂きました。
ハッシュタグは「 #鬼桐さんの洗濯 」「 #ふかさくえみ 」 で検索。

メディア:吹田市男女共同参画センターデュオさんにて「プロ直伝 洗濯・アイロンのコツ~男性のための暮らしに役立つ簡単家事術~講座」開催いたしました。

”3度の飯よりシミ抜きが好き” ”休日はシミ抜き勉強会”こんなクリーニング師をはじめとする熟練スタッフが、お客様の”シミ”をお待ちしています。
お客様に喜んで頂く笑顔が一番のやり甲斐です。『うちのクリーニング屋さん』と呼んで下さい。