公共の場のトイレ等の利用すると知らない間にお洋服の色が無くなる事があるんです

トイレやお風呂場で使用するカビ取りや塩素系漂白剤には要注意です

はい、お家以外の場所でも利用するのが公共のトイレです。

お家のトイレですと温水洗浄便座等が付いておりますので、強力なアルカリ性の洗剤などを使うよりも中性洗剤などで拭き上げる方が便座を傷めずにお掃除する事が可能です。

ですが、不特定多数の方が利用するトイレの場合には殺菌の効果も優先されますので基本的には塩素系の漂白剤等で床や壁面も拭かれている事が多いです。

塩素系の漂白剤は乾けば他の物に付いてしまう事も無いのですが、例えばそれがまだ濡れている状態ですと他の物に付きます。

その対象がお洋服だった場合には、見た目には色も無く乾いてしまえば分からなくなりますので付いて直ぐには発見する事が出来ませんが時間が経つと色素や繊維が壊れてしまいます。

塩素系の漂白剤やカビ取りスプレーはお洋服に付いてしまうと繊維を溶かしますのでその過程で当然に繊維の1番上に付いている色素(色)も無くなってしまうんですね。

特に塩素系の漂白剤で色が抜けてしまった場合には、酸素系の漂白剤とは効果が違い色素だけでなく生地自体も溶かしているので生地がツルツルになってしまっています。

おはようございますオノウエです。
そんなお洋服の無くなってしまった色を元通りにする事が出来るんでしょうか?

はい、繊維の傷み方にもよりますが実は可能なんですね♪

 

 

塩素系の漂白剤等で無くなってしまった色も場合によっては復元する事が可能です

お洋服の色が塩素系の漂白剤やカビ取りスプレーによって部分的に無くなったと言う事は、お洋服の生地の表面が溶けていると言う事になります。

その過程で色が無くなってしまったように見えます。

この場合にはシミではありませんのでシミ抜きでは無く、色の修正と言う特殊技術を使い特殊技術を学んだ「修復師」が無くなってしまった色を出来るだけ元通りに近くなる様に修正いたします。

この技術は全てのクリーニング屋さんで行なっている訳ではありません。

特殊技術である「色修正(染色補正)」をマスターしている「修復師」のいるシミ抜きや「色修正(染色補正)」をしているクリーニング屋さんでならこの技術を受ける事が出来ます。

殆どの場合にはこの様に色が抜けてしまった時点で諦める方も多くおられます。
でももったいないですよね。

因みに今回の「色修正(染色補正)」の事例は塩素で色が無くなってしまったお洋服の事例です。

こんな感じで直ります。
身に覚えのあるお洋服がありましたらご相談下さいね♪

「漂白剤で色が無くなってしまった場合のメールでのお問い合わせはこちら」

ではでは~

クリーニングISEYAシミ抜き修復師オノウエノボル

尾上昇
尾上昇
大阪府吹田市五月ヶ丘北のクリーニングISEYA代表オノウエです。TeMA-クリーニングアドバイザーCA/京技術修染会認定修復師/クリーニング師/と複数の専門資格を習得。
メディア:株式会社商業界発行・ファッション販売2016年12月号にて、衣類のお手入れガイドブックを掲載。
”3度の飯よりシミ抜きが好き” ”休日はシミ抜き勉強会”こんなクリーニング師をはじめとする熟練スタッフが、お客様の”シミ”をお待ちしています。
お客様に喜んで頂く笑顔が一番のやり甲斐です。『うちのクリーニング屋さん』と呼んで下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。