お洋服に付いたペンキは取れるの?取れないの?実はそれお洋服の生地や付いてからの状態によって変わります

お洋服にペンキが付いてしまったら自分では取り除く自信と経験がない場合にはペンキに触らずにプロにおまかせ致しましょう

はい、先日にお受け致しましたご依頼ですが学校行事でペンキが付いてしまいお家で何とか取ろうとしましたが取れませんでしたので何とか出来ますか?との事でお受け致しました。

ペンキ等は乾いてしまうと水では落ちにくくアルコール系の薬品である程度溶かしてペンキを動きやすくしてから更に別の薬品で洗い流す様な対応となります。

この様に落ちにくいペンキですが生地に完全に浸みこんで固まっていなければ実はある程度取れるんですね。

ですが、ペンキが付いた時の応急処置の方法と付いた後の応急処置の状態等で付いてしまったお洋服の生地にもよりますが生地自体が傷んだりコーティングが剥がれたりする事もあります。

おはようございますオノウエです。
それでも付いて直ぐなら何もせずにシミ抜きをシッカリと出来るクリーニング屋さんへシミ抜きで持って行って頂ければほとんどの場合は取れるのです♪

 

逆に付いてしまった時にご自分で取ろうと努力して擦ってみたり洗剤を直接付けたり漂白したり色んな事をしてしまいますとペンキが取れなくなったりも致します

付いてしまった時の初動の対応で擦ったり洗ったり漂白したりしていなければ、まだペンキや絵具等の塗料はお洋服の生地に浸みこんでいないですのでそんな場合にはほとんど取れます。

触ると取れない様になってしまう基準の1つには衣類の繊維の中まで入り込んでしまっているかどうかという事が挙げられます。

ペンキや絵具は生地の表面に乗っている状態だと油性の溶剤で物理的な力を与えてやれば表面から剥がれて取れやすくなります。

でも、擦ったり洗剤が作用したりした後だと衣類の繊維の中まで入り込みます。

その様な状態ですとかなり繊維自体にダメージを与えないと取れなくなる場合もあるんですね。

 

何も触っていない生地にペンキが乗っかっているだけの状態というのが1番シミ抜きの時には落ちやすいベストの状態です

ペンキがもし付いてしまって色々と触ってしまったとしても、その取れなくなってしまった現状よりはプロがしみ抜きをすれば良くなりますので諦めて捨ててしまう前にクリーニング屋さんでシミ抜きする事は十分に価値があります。

出来れば店頭にて、以前にペンキのしみ抜きの実績があるかどうかも聞いて見た方が良いかもしれませんね。

「ペンキのシミを取るにはリスクがあります」とのご説明を受けた場合には以前にペンキのしみ抜きの経験があるお店である可能性が高いので、ある程度のリスクさえ承認すればしみ抜きをしてもらえます。

ですのでいつも行っている信用のおけそうなお店であればその時に聞いてみてお願いしてみましょう♪

ではでは~。

クリーニングISEYAシミ抜き修復師オノウエノボル

尾上昇
尾上昇
大阪府吹田市五月ヶ丘北のクリーニングISEYA代表オノウエです。TeMA-クリーニングアドバイザーCA/京技術修染会認定修復師/クリーニング師/と複数の専門資格を習得。
メディア:株式会社商業界発行・ファッション販売2016年12月号にて、衣類のお手入れガイドブックを掲載。
”3度の飯よりシミ抜きが好き” ”休日はシミ抜き勉強会”こんなクリーニング師をはじめとする熟練スタッフが、お客様の”シミ”をお待ちしています。
お客様に喜んで頂く笑顔が一番のやり甲斐です。『うちのクリーニング屋さん』と呼んで下さい。