濃色のお洋服にもしもペンキや接着剤が付いてしまった場合には自分で処置する前に触らずにプロに相談致しましょう

ペンキや接着剤はアルコール系の薬品や専用の薬品である程度溶かして動きやすくしてから更に別の薬品で洗い流す様な対応となります

はい、お洋服にペンキや接着剤が付いてしまう事もそんなには無いとは思いますが、実際に付いてしまった時にはその対応にかなり焦ってしまいますよね。

そんな時にやって仕舞いがちなのが物理的なダメージである「擦る」と言う行為です。
生地に寄っては物理的ダメージに対してかなり弱いシルクや目の細かい生地や起毛の生地もあります。

ですので、ペンキや接着剤が付いてしまったら自分で取り除く選択肢を行う前に、出来るだけ何もせずにシミ抜きをシッカリと出来るクリーニング屋さんに相談してみましょう。

ペンキや接着剤は付いた後の応急処置の状態等で付いてしまったお洋服の生地にもよりますが、生地自体が傷んだりコーティングが剥がれたり色(色素)抜けてしまったりする事もあります。

おはようございますオノウエです。
付いて直ぐなら染み抜きをすれば綺麗に取り除ける場合もありますから、お気に入りのお洋服でしたら出来るだけ何もせずにクリーニング屋さんご相談下さいませ♪

 

ペンキや接着剤は初動の対応によってはお洋服の生地を傷めてしまったり浸みこむと繊維の中まで入り込んでしまい取れにくくなります

ペンキや絵具の色は顔料と呼ばれる細かい色の粒子が入って色が付いています。

その色の粒子は生地の表面に乗っている状態ですと、油性の溶剤で物理的な力を与えてやれば表面から剥がれて取れやすくなります。

ですが擦ってしまいますと色の粒子が細かく砕けてしまい、生地の繊維の奥まで入り込んで余計に取れにくくなってしまいます。

衣類の繊維の中まで入り込みますと薬品で溶かして流す事が出来れば良いのですが、かなり繊維自体にダメージを与えないと取れなくなる場合もあるんですね。

今回の接着剤のシミの場合には何も触らずに持って来て頂けましたので、接着剤を溶かす薬品を使い生地にも色(色素)にもダメージを与える事無く取り除く事が出来ました。

何もシミや生地を触っていない状態というのが1番シミ抜きの時には落ちやすいベストの状態なのです。

もし色々と触ってしまったとしてもその取れなくなってしまった現状よりは、プロがしみ抜きをすれば良くなりますので諦めて捨ててしまう前にクリーニング屋さんでシミ抜きする事は十分に価値があります。

「このシミを取るにはリスクがあります」とのご説明を受けた場合には、以前にもしみ抜きの経験のあるお店である可能性が高いのである程度のリスクさえ承認すればしみ抜きをしてもらえます。

いつも行っている信用のおけそうなお店であればその時に聞いてみてお願いしてみましょう♪

ではでは~。

【郵送でのお品物の染み抜き等のご相談はこちらまでご連絡くださいませ】

クリーニングISEYAシミ抜き修復師オノウエノボル

尾上昇
尾上昇
大阪府吹田市五月ヶ丘北のクリーニングISEYA代表オノウエです。TeMA-クリーニングアドバイザーCA/京技術修染会認定修復師/クリーニング師/と複数の専門資格を習得。

メディア:株式会社商業界発行・ファッション販売2016年12月号にて、衣類のお手入れガイドブックを掲載。

メディア:漫画家のふかさくえみさん作「鬼桐さんの洗濯」第2巻の表表紙を開けた裏に参考資料として僕のブログである「onouenoboru.com」を掲載して頂きました。#鬼桐さんの洗濯 #ふかさくえみ 

メディア:吹田市男女共同参画センターデュオさんにて「プロ直伝 洗濯・アイロンのコツ~男性のための暮らしに役立つ簡単家事術~講座」開催いたしました。

”3度の飯よりシミ抜きが好き” ”休日はシミ抜き勉強会”こんなクリーニング師をはじめとする熟練スタッフが、お客様の”シミ”をお待ちしています。
お客様に喜んで頂く笑顔が一番のやり甲斐です。『うちのクリーニング屋さん』と呼んで下さい。