何も触っていない生地にペンキが乗っかっているだけの状態というのが1番シミ抜きの時には落ちやすいベストの状態です

お洋服に付いたペンキは取れるの?取れないの?実はそれお洋服の生地や付いてからの状態によって変わります

はい、先日にお預かりいたしましたペンキの付いてしまったお洋服ですが、かなり見た目のビジュアルもヘビーな状態でとてもしみ抜きしても取れる様には見えないと思います。

ペンキ等は乾いてしまうと水では落ちにくくアルコール系の薬品で、ある程度溶かしてペンキを動きやすくしてから更に別の薬品で洗い流す様な対応となります。

ペンキの場合ですとコーキング剤等とは違い、油性の処理で溶かす事が可能ですのでソコソコまでは取り除く事が可能なんですね。

ですが付いてしまった生地によっても変わります。

例えばその種類には油性の処理を行いますと溶けてしまう全体が顔料染めや顔料コーティングのお品物やプリントの入った生地等があります。

その様な場合には様子を見ながら少しずつ対応していくしみ抜きになります。

おはようございますオノウエです。
それでも出来ない事ではありませんのでリスクはありますがご理解頂ければ出来るだけ対応は可能ですのでご相談下さいませ♪

 

逆に付いてしまった時にご自分で取ろうと努力して擦ってみたり洗剤を直接付けたり漂白したり色んな事をしてしまいますとペンキが取れなくなったりも致します

ペンキが付いた時の応急処置の方法でしてはいけない事のナンバーワンは「擦る事」です。

別のお洋服の染み抜きで先日お持ち頂いた時にお伺いした事なのですが、何とかお家で取り除こうとして行った応急処置は、ネットで調べて歯ブラシに歯磨き粉を付けてお洋服のシミの部分をゴシゴシとしてしまったケースがありました。

そうなりますとシミが取れないどころかお洋服の生地にもよりますが生地自体が傷んだりコーティングが剥がれたりする事もあります。

その後にシミが取れたとしても生地のダメージ自体はどうにもなりませんので「擦る事」は応急処置の場合には出来るだけ控える様にして下さいね。

付いてしまった時の初動の対応で擦ったり洗ったり漂白したりしていなければ、まだペンキや絵具等の塗料はお洋服の生地に浸みこんでいないですのでそんな場合にはほとんど取れます。

 

お洋服にペンキが付いてしまったら自分では取り除く自信と経験がない場合には無理はせずにペンキにも触らずにプロにおまかせ致しましょう!

生地を傷めてしまう前ならかなりペンキを取り除ける可能性が高まります。

付いて直ぐなら何もせずにシミ抜きをシッカリと出来るクリーニング屋さんへシミ抜きで持って行って頂ければ、リスクと時間とお金を掛けてお家でしみ抜きをする事に比べたらほとんどの場合は現状より良くなります。

是非ともクリーニング屋さんを有効に使って下さいね♪

ではでは~。

【遠方の場合の衣替えの染み抜きのご相談はこちらまでご連絡くださいませ】

クリーニングISEYAシミ抜き修復師オノウエノボル

尾上昇
尾上昇
大阪府吹田市五月ヶ丘北のクリーニングISEYA代表オノウエです。TeMA-クリーニングアドバイザーCA/京技術修染会認定修復師/クリーニング師/と複数の専門資格を習得。

メディア:株式会社商業界発行・ファッション販売2016年12月号にて、衣類のお手入れガイドブックを掲載。

吹田市男女共同参画センターデュオさんにて「プロ直伝 洗濯・アイロンのコツ~男性のための暮らしに役立つ簡単家事術~講座」開催いたしました。

”3度の飯よりシミ抜きが好き” ”休日はシミ抜き勉強会”こんなクリーニング師をはじめとする熟練スタッフが、お客様の”シミ”をお待ちしています。
お客様に喜んで頂く笑顔が一番のやり甲斐です。『うちのクリーニング屋さん』と呼んで下さい。